2022-11-01

0202海洋空間利用

世界初、海中音響通信技術活用による1Mbps/300m 伝送を達成し完全遠隔無線制御型水中ドローンを実現~6G-IOWN がめざす「超カバレッジ拡張」に向けて前進~

2022-11-01 日本電信電話株式会社,株式会社NTTドコモ, NTTコミュニケーションズ株式会社 日本電信電話株式会社(代表取締役社長:島田 明、以下「NTT」)、株式会社 NTT ドコモ(代表取締役社長:井伊 基之、以下「ドコ...
1201畜産

2022年9月神奈川県のハヤブサから検出されたH5N1亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの特徴

2022-11-01 農研機構 ポイント 今年9月25日に神奈川県伊勢原市で衰弱後死亡したハヤブサから高病原性鳥インフルエンザ1)の原因ウイルスが検出されました。農研機構は、ハヤブサより分離した高病原性鳥インフルエンザウイルス2)の全ゲ...
1701物理及び化学

宇宙空間で電子からプラズマの波へのエネルギー供給を直接捉えた~効率の良い電磁波動成長の理論を観測で実証~

2022-10-31 京都大学 大村善治 生存圏研究所教授と小嶋浩嗣 同教授は、北村成寿 名古屋大学特任助教、三好由純 同教授、中村紗都子 同特任助教、小路真史 同特任助教、天野孝伸 東京大学准教授、北原理弘 東北大学助教と加藤雄人 ...
0505化学装置及び設備

複合アニオン材料の構造決定における実験と計算の融合的アプローチ

2022-10-31 京都大学 加藤大地 工学研究科助教、野田泰斗 理学研究科助教、前園涼 北陸先端科学技術大学院大学教授らは同大が所有するスーパーコンピュータを用いたシミュレーション技術を駆使して、近畿大学らの実験グループおよび米国...
0403電子応用

低周波信号の新規高感度量子センシング手法を開発~NV量子センサを用いた核磁気共鳴(NMR)世界最小線幅を実証~

2022-11-01 京都大学 水落憲和 化学研究所教授、E. D. Herbschleb 同特定助教、大木出 同研究員、芳井義治 スミダ電機株式会社Vice President、加藤宙光 産業技術総合研究所上級主任研究員、牧野俊晴 ...
1602ソフトウェア工学

人の「示す」動作を考慮してAIモデルを構築するシステム ~AIモデルの開発をより手軽により正確に~

2022-11-01 東京大学 1.発表者: 矢谷 浩司(東京大学 大学院工学系研究科電気系工学専攻 准教授) 2.発表のポイント: ◆ユーザが行う物体を示す動作(教示動作)を基に、撮影された静止画においてどの部分にユーザが...
0501セラミックス及び無機化学製品

自己修復材料の長年の課題を解決する新技術を開発(New Tech Solves Longstanding Challenges for Self-Healing Materials)

2022-10-31 ノースカロライナ州立大学(NCState) 工学研究者は、使用中の構造物を取り外すことなく、その場で自己修復することができる新しい自己修復複合材を開発した。この最新技術は、自己修復材料が長年抱えていた2つの課題を解決...
0505化学装置及び設備

太陽熱利用による水素製造の効率と安定性に関するベストプラクティスを提案(Efficiency and Stability Best-Practices Proposed for Solar Water-Splitting To Make Hydrogen)

NRELとバークレー研究所は、測定値の比較に信頼性を持たせるための理想的な方法を提供します。 NREL, Berkeley Lab Offer Ideal Methods To Provide Confidence in Comparin...
ad
タイトルとURLをコピーしました