飼いならすのが難しい塩化物化合物を安定化させる化学者たち(Chemists stabilize hard-to-tame chloride compound)

ad
ad
ad
ad

三塩化マンガンの進歩は、「まったく新しい研究分野への扉を開くものだ」と、主任研究員のデビッド・レイシーは言う。 The advancement involving manganese trichloride “opens the floodgates to a whole new area of research,” says lead scientist David Lacy

2022-11-02 バッファロー大学(UB)

塩素原子と他の元素を含む分子化合物は、化学合成に不可欠な材料です。「二塩化二塩化物」と呼ばれ、医学、農業、材料研究などの分野で応用される他の化合物の製造に使用できます。しかし、バッファロー大学の化学者デビッド・レイシーが説明するように、「いくつかの有用な二塩化物は不安定であり、本質的に扱うことは不可能です」。

科学者たちは、二元塩化物である三塩化マンガン(MnCl3)を安定化するための簡単な方法を報告している。この方法では、MnCl3に安定化剤を固定することで、通常であれば塩素原子が無差別に放出されるのを防いでいる。
研究者たちは、有機化学の重要な要素である塩素とマンガンを操作する便利で新しい方法を発見した。市販の材料を使って、室温で、しかも数時間という短時間でできる。ワンステップで済む。安全で安価な4種類の化合物を混ぜて1回反応させ、生成物を沈殿させるだけである。

<関連情報>

ベンチスタディの塩化マンガン(III)化合物の合成:配位化学とアルケンの二塩素化反応 Synthesis of a Bench-Stable Manganese(III) Chloride Compound: Coordination Chemistry and Alkene Dichlorination

Ananya Saju, Justin R. Griffiths, Samantha N. MacMillan and David C. Lacy
Journal of the American Chemical Society  Published:September 6, 2022
DOI:https://doi.org/10.1021/jacs.2c08509

Abstract

The complex [MnCl3(OPPh3)2] (1) is a bench-stable and easily prepared source of MnCl3. It is prepared by treating acetonitrile solvated MnCl3 (2) with Ph3PO and collecting the resulting blue precipitate. 1 is useful in coordination reactions by virtue of the labile Ph3PO ligands, and this is demonstrated through the synthesis of {Tpm*}MnCl3 (3). In addition, methodologies in synthesis that rely on difficult or cumbersome to prepare solutions of reactive MnCl3 can be accomplished using 1 instead. This is demonstrated through alkene dichlorinations in a wide range of solvents, open to air, and with good substrate scope. Light-accelerated halogenation and radical sensitive experiments support a radical mechanism involving stepwise Cl-atom transfer(s) from 1.

タイトルとURLをコピーしました