電力パケット型エネルギーインターネットの新制御技術を開発 ~必要なときに必要なだけ供給可能、実用化の加速に期待~

ad
ad

2022-07-19 名古屋大学,科学技術振興機構

東海国立大学機構 名古屋大学 大学院工学研究科の東 俊一 教授、岩田 拓海 博士後期課程学生らのグループは、電力パケット型エネルギーインターネットのもとで動作するシステム制御技術の開発に成功しました。

近年、エネルギー流通のためのインターネットである「エネルギーインターネット」という新しい技術が注目を集めています。しかし、電力パケット型と呼ばれる方式のエネルギーインターネットに、モーター駆動系などの制御システムを端末として接続するためには、制御システム側に蓄電池やキャパシターといった電力平滑化のためのデバイスを備える必要がありました。しかし、そのような追加デバイスはシステムを複雑にするため実用上望ましくはありません。本研究では、必要なときに必要な電力パケットを調達して制御する「最大休止制御」という方法を開発しました。これにより、電力平滑化(時間的に不連続なエネルギー供給を連続化する)のためのデバイスを使うことなく制御をすることが可能になりました。この成果により、電力パケット型のエネルギーインターネットの実用化が加速することが期待されます。

本研究成果は、2022年7月18日付「International Journal of Robust and Nonlinear Control」のオンライン版に掲載されました。

本研究は、2021年度から始まったJST 創発的研究支援事業JPMJFR2123および科学研究費 基盤研究(A)21H04558の支援のもとで行われたものです。

詳しい資料は≫

<論文タイトル>
“Maximum Turn-off Control for Discrete-time Linear Systems”
DOI:10.1002/rnc.6283
<お問い合わせ先>

<研究に関すること>
東 俊一(アズマ シュンイチ)
東海国立大学機構 名古屋大学 大学院工学研究科 教授

<JST事業に関すること>
中神 雄一(ナカガミ ユウイチ)
科学技術振興機構 戦略研究推進部 創発的研究支援事業推進室

<報道担当>
東海国立大学機構 名古屋大学 広報室
科学技術振興機構 広報課

タイトルとURLをコピーしました