2022-07-28

0502有機化学製品

環境に配慮したバイオマス由来の光造形3Dプリンター用インクを開発 ~高精細、高靭性、高生産性を実現 バイオマスマークを取得~

2022-07-28 株式会社リコー 株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、環境に配慮したバイオマス*1由来の材料を使用しながら、高精細、高靭性かつ、高生産性を実現した光造形3Dプリンター用インク「LIFE PARTS(ライフ...
99未分類

海底面下を透視する技術を開発~深海の埋在性底生生物の現場観測に世界で初めて成功~

2022-07-27 東京大学,海洋研究開発機構,産業技術総合研究所 発表のポイント ◆深海の堆積物中に生息する底生生物(以下、埋在性生物)の3次元的な分布を高周波の超音波を応用して非接触で効率的に調査できるツールを開発しました。 ◆...
0504高分子製品

新触媒でブタジエンの効率的な生産に成功(New Catalyst Leads to More Efficient Butadiene Production)

2022-07-27 ノースカロライナ州立大学(NCState) 研究者らは、天然ガスの成分であるブタンを合成ゴムやさまざまなプラスチックの構成要素であるブタジエンに変換する効率を向上させる新しい触媒を開発しました。 研究者達は、これま...
0403電子応用

pHのプログラミング(Programming pH)新しい技術でDNA合成を加速できる可能性 (New technique could accelerate DNA synthesis)

2022-07-27 ハーバード大学 pH(水溶液中のプロトンの濃度)は、溶液の酸性度を示します。しかし、プロトンは水ベースの溶液中で急速に広がるため、pHの局所化は課題です。 局所レベルでpHを制御する技術を開発し、プロトン量が他の溶...
1700応用理学一般

磁性量子材料は、次世代情報技術を探るためのプラットフォームを拡大する。(Magnetic quantum material broadens platform for probing next-gen information technologies)

2022-07-27 オークリッジ国立研究所(ORNL) 科学者たちは、中性子散乱を用いて、ある物質の原子構造がスパイラル・スピン液体と呼ばれる新しい物質状態を形成しうるかどうかを明らかにしました。研究チームは、層状三塩化鉄磁石のハニカム...
1902環境測定

土壌への炭素貯留が最も可能な場所を明らかにする研究結果(Research reveals where carbon storage in soils has the most potential)

2022-07-27 アメリカ・ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) 土壌は有機炭素の陸上最大の貯蔵庫であり、気候変動の緩和と適応のために中心的な役割を担っている。土壌炭素の保存には、鉱物-有機物の会合が重要な役割を果たしますが、この...
0502有機化学製品

パンやビールだけじゃない-微生物が二酸化炭素を発酵させて燃料を作ることに成功(Not Just Bread and Beer-Microbes Can Ferment Carbon Dioxide To Make Fuel, Too)

特殊な細菌がガス発酵を高速化する「二環式炭素固定」経路を解明 Scientists Mapped Out a "Bicyclic Carbon Fixation" Pathway for Speeding Up Gas Fermentat...
ad
タイトルとURLをコピーしました