2022年3月の地震活動の評価

ad
ad

2022-04-11 地震調査研究推進本部,地震調査委員会

1.主な地震活動
○ 3月 16 日に福島県沖でマグニチュード(M)7.4 の地震が発生し、宮城県及び福島県で最大震度6強を観測した。この地震により宮城県で長周期地震動階級4を観測した。また、死者が出るなどの被害を生じた。
○ 3月 18 日に岩手県沖で M5.6 の地震が発生した。この地震により岩手県で最大震度5強を観測し、住家一部破損などの被害を生じた。

2.各領域別の地震活動
(1)北海道地方
○ 3月 27 日に日高地方東部(*1)の深さ約 55 ㎞で M5.1 の地震が発生した。この地震の発震機構は北西-南東方向に圧力軸を持つ逆断層型で、太平洋プレートと陸のプレートの境界で発生した地震である。

(2)東北地方
○ 3月 16 日の福島県沖の地震については、別紙(2022 年3月 16 日福島県沖の地震の評価)を参照。
○ 3月 18 日に岩手県沖の深さ約 20 ㎞で M5.6 の地震が発生した。また、この地震の震源付近では、30 日に M4.9 の地震が発生した。これらの地震の発震機構は北北西-南南東方向に張力軸を持つ横ずれ断層型で、陸のプレートの地殻内で発生した地震である。 GNSS観測の結果によると、今回の地震に伴う有意な地殻変動は観測されていない。

タイトルとURLをコピーしました