リチウムイオン電池の寿命を非破壊で延長できる容量回復技術を開発

ad
ad
ad
ad

電池内部で充放電に寄与できないリチウムイオンの状態を診断し、電気化学処理により再活性化することで蓄電容量を回復

2021-10-29 株式会社日立製作所

図1 リチウムイオン電池の電気化学処理による容量回復技術
(a) 電池内部の診断とリチウムイオン(Li+)の再活性化、(b) 蓄電容量の回復による寿命延長

日立は、電力系統の再生可能エネルギー主電源化と、モビリティの電動化促進に向け、蓄電システムに搭載されるリチウムイオン電池(以下、LIB)の寿命を非破壊で延長できる容量回復技術を開発しました。LIBは充放電を長期間繰り返すと蓄電容量が減少し、蓄電システムとして十分な機能を維持できなくなった場合は交換が必要となります。本技術は、LIB内で失活*1して充放電に寄与しないリチウムイオン(Li+)の状態を非破壊で定量的に診断し、新規な解析プログラムにより求めた条件で電気化学処理を施すことで失活したリチウムイオンを再活性化させるものです。標準的な材料を用いたLIBセル*2において、初期の80%まで低下した蓄電容量を5%回復することにより、寿命を20%延長可能なことを確認しました*3。また、本処理を施してもLIBを構成する部材の劣化は認められませんでした。日立は本技術を、送配電事業者や電動モビリティのオペレータ等に広く利用いただくことで、高効率かつ持続可能な蓄電システムの普及を促し、脱炭素社会の実現に貢献します。
本成果の一部は、2021年11月5日に英国グラスゴーで開催されるHitachi European Innovation Forumにおいて発表する予定です。

タイトルとURLをコピーしました