温室効果・オゾン層破壊の原因である亜酸化窒素の生物的発生機構の解明

ad
ad

2021-05-18 兵庫県立大学,理化学研究所,広島市立大学

亜酸化窒素(N2O: Nitrous Oxide)は、二酸化炭素(CO2)の約310倍の効果を示す温室効果ガスであり、オゾン層を破壊する気体でもあります。地球環境のN2Oの75%以上は土壌中のカビや細菌などの微生物が産生します。しかし、そのN2O発生の分子機構は、20年以上未解明なままでした。

今回、兵庫県立大学大学院理学研究科の城宜嗣教授、久保稔教授、理化学研究所放射光科学研究センターの當舎武彦専任研究員、広島市立大学大学院情報科学研究科の鷹野優教授らを始めとした共同研究グループは、微生物によるN2O産生の主役である一酸化窒素還元酵素(NOR: Nitric Oxide Reductase)に着目し、N2O産生の分子機構を、SACLAを用いた無損傷結晶構造解析と時分割赤外分光法の最先端の計測手法を組み合わせることにより、原子・電子レベルで解明することに成功しました。この研究成果により、今後、微生物によるN2Oの排出を抑制する研究が進展していくことが期待されます。

詳しい資料は≫

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当

タイトルとURLをコピーしました