「AI 乗合タクシー」の実証実験を開始

ad
ad

2020-09-17 株式会社NTTドコモ

ad

茨城県大子町で、住民・観光利用のための「AI 乗合タクシー」の実証実験を開始

~高齢化や人口減少が進む町で、公共交通の柔軟性をめざす~

株式会社 NTT ドコモ (以下、ドコモ)は、茨城県大子町、茨城日産自動車株式会社(以下、茨城日産)と、2020 年 10 月 1 日(木)~2021 年 9 月 30 日(木)の期間、AI を活用した乗り合いタクシー(以下、AI 乗合タクシー)とカーシェアリングの実証実験を茨城県大子町で実施します。高齢化や人口減少が進むなか、面積の広い大子町内での移動手段の柔軟性を図り、交通インフラの維持をめざします。本実証実験は、「大子町公共交通実証実験推進に関する連携協定」の一環で行います。

AI 乗合タクシーは、スマートフォンアプリや WEB サイト、または電話で予約することにより、運行中のAI 乗合タクシーをリアルタイムで配車する仕組みです。利用者が乗降場所と乗車人数を選択すると、AI が配車ルートを決めてアプリや WEB 上で乗車予定時刻を示します。その後、AI 乗合タクシーが乗車場所へ利用者を迎えに行きます。利用者は AI 乗合タクシーで自宅近くの乗降場所や公共施設、商業施設などの指定乗降場所を自由に移動することができます。

AI 乗合タクシーは、茨城日産の 2 台の車両を使い、町民の生活圏および町内の観光エリアで、無料で運行します。地域住民の新たな移動手段として自宅からスーパーや町役場、医療施設への移動のほか、観光客の観光地への移動手段としての利用を想定しています。また、夜間の地元飲食店利用時の移動手段としても運行します。

AI 乗合タクシーは、ドコモのオンデマンド乗合交通「AI 運行バス®」のシステムを活用し、配車の効率化をめざします。なお、夜間の送迎利用に「AI 運行バス」のシステムを活用するのは全国初※1の取り組みです。

タイトルとURLをコピーしました