ウェブで使える「デジタル土壌図」に土づくりの実践に役立つ新機能と新データベースを追加

ad
ad

2020-08-07 農研機構

ポイント

ウェブ公開中の「デジタル土壌図」に、データ活用型の土づくりの実践に役立つ機能やデータを新たに追加しました。新機能の「土壌有機物管理ツール」を使うと、土づくりの指標となる土壌有機物の増減を、各地点のたい肥等の有機質資材の投入量等から簡単に計算することができます。また、全国約200地点の土壌温度・水分の日々の推定値や、全国約3,500地点の土壌断面調査データ等を追加しました。

概要

農研機構は、日本全国の土壌の種類や分布がわかる「デジタル土壌図」を作成し、2017年4月より 日本土壌インベントリー1)を通じてウェブ配信を行ってきました(無料)。この土壌図にはこれまでに15万件を超えるアクセスがあり、営農指導などの現場で広く利用されています。より利便性を高めるために、新たに1つの機能と3つのデータベースを追加し、本日公開しました。

【新機能】土壌有機物管理ツール:土づくりの指標となる土壌有機物について、堆肥等の施用による増減量を計算できます。

日本土壌インベントリー

【新データベース】

  • 全国約200地点の土壌温度・水分の日々推定値
  • 全国約3,500地点の土壌断面調査データベース
  • 国際土壌分類方法に準拠した全国デジタル土壌図

また併せて、活用事例をまとめた「デジタル土壌図活用マニュアル」を作成し、公開しました。

関連情報

予算:運営費交付金

問い合わせ先

研究推進責任者 :農研機構農業環境変動研究センター 所長 渡邊朋也

研究担当者 :同 環境情報基盤研究領域 高田裕介

広報担当者 :同 研究推進室(兼本部広報部広報専門役) 大浦 典子

タイトルとURLをコピーしました