YS-11量産初号機 最後の大規模組立≪戦後⽇本復興の象徴「YS-11」量産初号機公開プロジェクト≫

ad
ad

【国立科学博物館】YouTube、ニコニコ動画にてライブ配信

国立科学博物館(館長 林良博)は、YS-11量産初号機の展示公開を行うザ・ヒロサワ・シティ(茨城県筑西市)より、YS-11量産初号機の水平尾翼・垂直尾翼・ラダーの取付作業をYouTube・ニコニコ動画で2020年9月14日(月)9:00~9月18日(金)17:00までの5日間は定点カメラによるライブ配信を行います。さらに、9月15日(火)13:00~水平尾翼、9月17日(木)12:30~垂直尾翼・ラダーの取付作業は、臨場感あるカメラワークによるライブ配信を行います!!

本機体は、今年3月に解体された状態でザ・ヒロサワ・シティへ運び込まれ、今年7月に主翼やプロペラ、エンジンの取り付けを終えました。今回の取付作業によって、YS-11本来の姿を取り戻します!大きな組み立ての様子をリアルタイムでご覧いただける機会はこれが最後です!

戦後日本復興の象徴である「YS-11」量産初号機が息を吹き返す瞬間を一緒に見届けませんか?

現在、本機の組立資金を募るクラウドファンディングを実施しています。皆様のご支援をお願いいたします。

クラウドファンディング 詳細と活動報告はこちら>>

https://a-port.asahi.com/projects/kahaku_ys-11/

≪ライブ配信≫

取付作業の様子は定点カメラで24時間ライブ配信いたします。さらに、主要な作業の様子は、特別ライブ配信を行います。

今回の分解・組み立ては、過去にYS-11の整備等に関わっていた航空会社整備士OB等の有志によって編成された特別チームが行っています。その熟練した技術と熱意も見どころのひとつです。

<定点カメラ>

2020年9月14日(月) 9:00 ~ 9月18日(金)17:00 (予定)
<特別ライブ配信>
2020年9月15日(火)13:00~ 水平尾翼取付作業
2020年9月17日(木)12:30~ 垂直尾翼・ラダー取付作業

視聴方法:

YouTube、ニコニコ動画にてライブ配信を行います。

開始時刻よりURLからご視聴いただけます(アカウントの登録は不要です)。

視聴に関する情報は下記のサイトをご覧ください。

ネコビデオ ビジュアル ソリューションズの特設Webページ

料金:配信は無料でご覧いただけます。※お使いの環境によっては、通信料が発生します。
備考:作業の様子は、ザ・ヒロサワ・シティ内航空ミュージアムの外から窓越しにご見学いただけます。
ザ・ヒロサワ・シティ:https://www.shimodate.jp/

独立行政法人 国立科学博物館 (科学系博物館イノベーションセンター内)YS-11クラウドファンディング担当

コメント

タイトルとURLをコピーしました