複合商業施設において遠隔運転で動く車両のサイネージに店舗の動画広告を5Gで配信する実証実験

ad
ad

人の流れを解析して店舗送客の効果を測定

2020-01-21    サッポロ不動産開発株式会社 , NTTコミュニケーションズ株式会社,株式会社NTTドコモ

サッポロ不動産開発株式会社(以下、サッポロ不動産開発)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTTCom)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、サッポロ不動産開発が所有する北海道札幌市のサッポロファクトリーにおいて、第5世代移動通信方式(以下、5G)を活用して、 ソニー株式会社が開発したニューコンセプトカートSC-1(以下、SC-1)を使った実証実験(以下、本実証実験)を2020年1月22日(水)~1月23日(木)に実施します。本実証実験では、遠隔運転で動くSC-1に、店舗の動画広告を配信します。5Gプレサービスエリア内において営業時間内の 複合商業施設で、ドコモオープンイノベーションクラウド™を用いたSC-1の遠隔運転のほか、デジタルサイネージでの店舗広告の配信を行う5G 実証実験は、全国初※の取り組みとなります。

併せて、NTT Com の人流解析ソリューションによって広告効果の測定を行います。本実証実験を通じて、複合商業施設への5G展開とその活用法の創出をめざします。

なお本実証実験当日は、会場であるサッポロファクトリーに5Gの可搬型移動基地局を設置し、5Gの プレサービスエリア化を行います。

本実証実験では、5Gの「高速大容量」の特性を活かし、SC-1を「動くデジタルサイネージ」として、以下の検証を行います。

ž ドコモオープンイノベーションクラウドに格納されたサッポロファクトリー内テナント店舗の広告映像などを、サッポロファクトリー内を回遊するSC-1へリアルタイムに配信

ž 東京都内で開催される「DOCOMOOpen House 2020」の会場からSC-1を遠隔運転

ž 施設内のビーコンで得られた来場者の匿名位置情報による、人流解析と広告効果測定

今後3社は、本実証実験で得られた成果を生かし、サッポロファクトリーをはじめとした全国の 複合商業施設、ならびにテーマパークなどにおける次世代の広告配信サービスの創出を検討し、 新規ビジネスモデルの可能性を探ってまいります。また、各施設への送客やお客さまに適切なご案内などを行うとともに、デジタルサイネージ配信とAIなどを組み合わせることにより、効果的な広告配信展開も検討してまいります。

※2020年1月20日(月)ドコモ調べ

*「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、株式会社NTTドコモの商標です。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

サッポロ不動産開発株式会社 札幌事業本部エリアリレーション部

NTTコミュニケーションズ株式会社第二営業本部 企画部門

株式会社NTTドコモ 5G・IoTソリューション推進室

実証実験の概要

1.実施内容・5G伝送による「動くデジタルサイネージ」に向けた広告などの配信・5G伝送によるSC-1の遠隔運転・施設内のビーコンで得られた匿名位置情報による、人流解析と広告効果測定

2.検証内容 ・遠隔運転の可能性 ・ドコモオープンイノベーションクラウドを活用した新たな広告配信スキームの展開検討 ・デジタルサイネージの効果測定(広告閲覧者の来店率などの分析) ・人流解析による来館者の行動分析

3.実証実験イメージ

4.実施日時2020年1月22日(水)~1月23日(木)

※カートを遠隔運転する時間帯は、午前1回、午後2回でそれぞれ30分程度を予定

5.実施場所 SC-1実走場所 :サッポロファクトリー B1 アトリウム SC-1遠隔運転場所 :東京ビックサイト内で開催中の「DOCOMOOpen House 2020」会場内 人流解析実施場所 :サッポロファクトリー施設内一部の実証実験参加店舗

6.各社の役割

サッポロ
不動産開発
テナント店舗の広告配信における調整、
人流解析システム導入調査
NTT Com人流解析ソリューションの提供、広告
効果測定、測定結果フィードバック
ドコモ全体のシステム構築と運用、5G設備
・技術・商材の提供、ドコモオープン
イノベーションクラウドの提供、
サービス化に向けた検討

※本実証においては、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社製の5Gプレサービス対応端末を利用します。

タイトルとURLをコピーしました