プレッツェルのような双子星の「へその緒」

ad
ad

2019-10-18   国立天文台

アルマ望遠鏡による観測で、まるでプレッツェルのような形に広がる物質に取り囲まれた双子の赤ちゃん星の姿が描き出されました。この宇宙プレッツェルは、いわば双子星の「へその緒」であり、双子星の成長過程でどのように物質が星たちに取り込まれていくのかを調べるうえで、たいへん貴重なデータとなることでしょう。

アルマ望遠鏡が撮影した、双子原始星[BHB2007] 11のまわりをプレッツェルのように取り巻くガスと塵。双子原始星が互いの周囲を回りあうことにより、ガスと塵が複雑な形に広がっています。
Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.

今回観測された双子の赤ちゃん星は、へびつかい座のパイプ星雲の中にあります。タバコを吸うパイプの形に似たこの星雲のなかで、吸い口にあたる場所にあるのが暗黒星雲バーナード59です。ここには小さな星団があり、その中でも最も若いのが、今回観測された[BHB2007] 11という符号をもつ原始星です。これまでも、[BHB2007] 11のまわりのガスのようすは観測されてきましたが、高い解像度を持つアルマ望遠鏡の観測によって、星のすぐそばのガスの分布が初めて詳しく明らかにされました。

タイトルとURLをコピーしました