イプシロンロケット4号機による 革新的衛星技術実証1号機の打上げ結果について

スポンサーリンク

2019-01-18  宇宙航空研究開発機構

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、内之浦宇宙空間観測所から平成31年1月18日9時50分20秒(日本標準時)に、革新的衛星技術実証1号機(※)を搭載したイプシロンロケット4号機を打ち上げました。
ロケットは計画どおり飛行し、打上げから約51分55秒後に小型実証衛星1号機を正常に分離したことを確認しました。また、MicroDragon、RISESAT、ALE-1、OrigamiSat-1、Aoba VELOX-IV及びNEXUSの6基もすべて正常に分離したことを確認しました。
今回のイプシロンロケット4号機の打上げ実施にご協力頂きました関係各方面に深甚の謝意を表します。

(※)革新的衛星技術実証1号機は以下の7基の衛星で構成されています。

小型実証衛星1号機(JAXAがスタートアップ企業の力を利用して開発)
超小型衛星:MicroDragon、RISESAT、ALE-1
キューブサット:OrigamiSat-1、Aoba VELOX-IV、NEXUS

※本情報につきましては、インターネットのJAXAホームページでもご覧頂けます。

JAXA|革新的衛星技術実証1号機/イプシロンロケット4号機特設サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク