ハワイ島で発生した地震の影響について

スポンサーリンク

2018/05/07 国立天文台

2018年5月4日正午過ぎ (ハワイ現地時間) にハワイ島で発生した M 6.9 の地震とその余震によるすばる望遠鏡への影響について、5月5日現在の状況を以下の通りお知らせします。

  • 職員・学生・ハワイ観測所への出張者に対する人的被害は報告されていません。
  • 現在、被害の状況などを確認中です。
  • すばる望遠鏡およびドームの駆動性能や各観測装置の詳細な状態については、一つずつ手順を追って確認作業を行う必要があります。
  • そのため2018年5月9日までの共同利用観測を中止することといたしました。
  • また2018年5月9日および10日に予定されていた一般見学プログラムも中止することといたしました。
  • 各設備の安全性と望遠鏡・ドーム・各観測装置の正常動作が確認されたのちに、共同利用観測を再開する予定です。

国立天文台ハワイ観測所長 吉田道利

スポンサーリンク
スポンサーリンク