2018年2月25日パプアニューギニアの地震に伴う地殻変動

ad
ad

合成開口レーダー(SAR)解析によって明らかとなった地殻変動(速報)

2018年3月1日 国土地理院

概要

2018年2月25日(UTC)にパプアニューギニアでMw7.5(USGS)の地震が発生しました。この地震に伴う地殻変動を把握するため、日本の地球観測衛星「だいち2 号」(ALOS-2)に搭載された合成開口レーダー(PALSAR-2)のデータを使用してSAR干渉解析を行いました。
これまでの解析により、以下のことがわかりました。

  • 顕著な地殻変動が発生した領域は、震央付近を含み北西—南東方向に約170kmに及んでいます。余震分布とも調和的です。
  • 震央の東南東約70kmのクチュブ湖(Lake Kutubu)付近で特に変動量が大きく、70cm以上の衛星に近づく向き(隆起もしくは西向き)の変動が見られます。
  • 得られた変動のパターンは地震波から推定されたメカニズム解と調和的です。

※ より詳細な分析等により、今後内容が更新されることがあります。

SAR干渉解析結果

図1北行干渉画像
図1. 北行右観測ペアのSAR干渉画像 [PNG: 2.0MB]
※この解析結果には電離層遅延等による誤差が含まれている可能性があります。
図:解析範囲 図:広域
解析範囲


番号
観測日観測時間
(UTC)
衛星
進行
方向
電波
照射
方向
観測
モード
*1
入射角
(震央付近)
垂直
基線長
KMZ
12017/07/31
2018/02/26
14:46頃北行W-W34°-42°+75 m3.8MB

 

タイトルとURLをコピーしました