2018-03-23

1903自然環境保全

電気事業分野における地球温暖化対策の進捗状況の評価の結果について

合意から2年が経過し、様々な状況の変化や新たな動きがある中、枠組みへの懸念や課題が顕在化。 切迫感を持って今後の取組の進捗を注視しつつ、今後、進捗が見られない場合に目標の達成が困難になることのないよう、施策の見直しを含めて検討すべき。
0703金属材料

世界の産業を支える鉱物資源について知ろう

2018/03/22 資源エネルギー庁 レアメタルをはじめとした鉱物資源は、いまや世界の産業を支える重要なものとなっています。「レアメタル」や、鉱物資源が含まれた家電や携帯電話の廃棄物を指す「都市鉱山」など、記...
0108交通物流機械及び建設機械

野洲き電区分所に「電力貯蔵装置」を導入しました!

野洲き電区分所に「電力貯蔵装置」を導入しました。電力貯蔵装置は電車の減速時に発生する回生電力を蓄電池に充電し、電車が加速する際に放電することで省エネルギー化を図る装置です。
2002原子炉システムの運転及び保守

高レベル放射性廃液から4つの元素を相互分離する技術を開発

二次廃棄物の発生が少ない分離方法を利用して、高レベル放射性廃液中から長寿命核分裂生成物(LLFP)を含む4つの元素を個別に化学分離し、金属として回収する技術を考案しました。
0301機体システム

人工衛星・探査機による貢献温室効果ガス観測技術衛星2号「いぶき2号」(GOSAT-2)

「いぶき2号」は「いぶき」ミッションを引き継ぎ、より高性能な観測センサを搭載して、さらなる温室効果ガスの観測精度向上を目指し、環境行政に観測データを提供するとともに、温暖化防止に向けた国際的な取り組みに貢献します。
0301機体システム

小惑星探査機「はやぶさ2」

「はやぶさ」で培った経験を活かしながら、太陽系の起源・進化と生命の原材料物質を解明するため、C型小惑星「Ryugu」(リュウグウ)を目指します。
0104動力エネルギー

世界に先駆けて水素ステーション100か所が開所します 本件の概要

燃料電池自動車(FCV)の普及拡大に向けた環境整備を推進するため、2013年度より商用水素ステーションの整備が進められています。この春、新たに8か所の水素ステーションが開所することで、国内の水素ステーションは世界に先駆けて合計100か所となります。
ad
タイトルとURLをコピーしました