省エネルギー窓ガラスに向けた新技術

スポンサーリンク

AIST: 産業技術総合研究所

発表・掲載日:2017/12/05

常温・大気中で作製できる酸化タングステン系ガスクロミック調光膜

ポイント

  • 酸化タングステン系ガスクロミック調光膜を常温・大気中、化学溶液法で作製して、性能を確認
  • 一種類の膜のみでデバイス化でき、また真空装置が不要なため膜製造コストを大幅に低減可能
  • 常温で成膜できるため耐熱性の低いプラスチック系の基板への適用も可能

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という) 構造材料研究部門【研究部門長 田澤 真人】吉村 和記、光熱制御材料研究グループ 山田 保誠 研究グループ長、西澤 かおり 主任研究員は、大常温・気中で簡便に作製できるガスクロミック方式の酸化タングステン系調光膜を開発した。

酸化タングステン系ガスクロミック調光膜の開発

171205chemistry-syouenemadogarasu
スポンサーリンク
スポンサーリンク