環境統合ヨーロッパ地中海会議最優秀論文賞を受賞

スポンサーリンク

総合地球環境学研究所

サニテーションプロジェクトのメンバーが
1st Euro-Mediterranean Conference for Environmental Integration Best paper award を受賞

2017年11月22~25日にチュニジアにて行われた 1st Euro-Mediterranean Conference for Environmental Integration において、地球研プロジェクト「サニテーション価値連鎖の提案 ─地域のヒトによりそうサニテーションのデザイン」のメンバーが発表した論文がBest paper awardを受賞しました。賞は、学会が定める10のトピックス(本賞はTopic 4. Environmental Engineering & Management)からそれぞれ1件、次の4点を基準に選出されるものです。

  • Originality and newness of contribution
  • Appropriate application of methodology
  • Relevance to environmental integration
  • Effective communication of the central ideas of the work

また、本論文はSpringer出版 Recent Advances in Environmental Science from the Euro-Mediterranean and Surrounding Regions – Proceedings of Euro-Mediterranean Conference for Environmental Integration (EMCEI-1), Tunisia 2017 に掲載されています。

【論文名】
Morphological, chemical and Electro chemical carbon based and nobel metal electrode characterization for use in water electrochemical disinfection

【著者】
Mokhtar Guizani, Kento Yajima, Toshikazu Kawaguchi, Ryusei Ito, Naoyuki Funamizu

受賞したサニテーションプロジェクトメンバー:

船水尚行 総合地球環境学研究所 教授/北海道大学大学院農学研究院 特任教授

伊藤竜生 北海道大学大学院工学研究科 助教

プレゼンターから賞を受取る第一著者のMokhtar Guizani 氏(右)

プレゼンターから賞を受取る第一著者のMokhtar Guizani 氏(右)

スポンサーリンク
スポンサーリンク