0500化学一般

0500化学一般

原子レベルのイメージングにより、結晶形成の容易な経路が明らかになった(Atomic-Scale Imaging Reveals a Facile Route to Crystal Formation)

原子間力顕微鏡で結晶ができるまでの過程を解明 New research sheds light on how crystals form using atomic force microscopy 2022-09-22 アメリカ・パシフ...
0500化学一般

自己組織化して適応・協働する「生きているような」レーザー (‘Life-like’ lasers can self-organise, adapt their structure, and cooperate)

2022-07-14 英国・インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL) ・ ICL とユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)が、条件に合わせて自発的に自己組織化するレーザーデバイスを初めて実証。 ・ 応答性、適応性、...
0500化学一般

窒素化合物の選択的化学変換~脱共役プロトン電子移動による触媒反応の制御~

2022-09-13 理化学研究所,東京工業大学 理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター生体機能触媒研究チームの中村龍平チームリーダー(東京工業大学地球生命研究所(ELSI)教授)、大岡英史研究員、何道平国際プログラム・アソシエ...
ad
0500化学一般

100年来の光化学技術が解き明かす新たな発見(New Insights Revealed Through Century-Old Photochemistry Technique)

2022-09-09 アメリカ国立再生可能エネルギー研究所(NREL) NRELとプリンストン大学の共同研究チームは、100年来のマイクロ波技術を復活させ、確立された光駆動型化学の驚くべき特徴を明らかにしました。 フォトレドック...
0500化学一般

有機金属構造体から次世代多孔性炭素材料を合成する方法論を確立 ~蓄電池や触媒のエネルギー貯蔵・変換への応用に期待~

2022-09-06 早稲田大学,クイーンズランド大学,科学技術振興機構 ポイント 大きな比表面積、優れた熱的および化学的安定性を有する有機金属構造体(MOF)は、電気伝導率が低いために、電気化学的な応用展開には不向きで...
0500化学一般

光と反応する安定した分子を作る(Making stable molecules reactive with light)

2022-09-02 スウェーデン・リンショーピング大学 リンシェーピング大学の研究者は、コンピュータシミュレーションを使用して、光を使用して芳香分子を活性化することが可能であることを示しました。このタイプの反応は、光化学反応として知られ...
0500化学一般

人工知能で太陽を浴びる(Soaking up the sun with artificial intelligence)

このアルゴリズムにより、太陽電池の新材料の発見が期待される。 Team’s algorithm could lead to pivotal discovery of new materials for solar cells. 2022...
0500化学一般

自然絶縁性材料が室温で超蛍光のパルス光を発する(‘Naturally Insulating’ Material Emits Pulses of Superfluorescent Light at Room Temperature)

2022-08-29 ノースカロライナ州立大学(NCState) より明るく安定した光学用ナノ粒子の合成を目指していた研究者たちは、合成したナノ粒子が、室温と一定の間隔で発生する超蛍光という驚くべき特性を示すことを発見した。この成果は、よ...
0500化学一般

新しいLOLS機械学習アプローチにより、複雑な分子のコンフォーマー探索を容易にする(New LOLS machine learning approach facilitates molecular conformer search in complex molecules)

機械学習に基づく新しい手法により、巨大分子でも分子コンフォマーの探索に有望な結果が得られた A new method based on machine learning yields promising results when sear...
0500化学一般

新しい粒状ハイドロゲルのバイオインクにより、組織バイオプリントの可能性が広がる(New granular hydrogel bioink could expand possibilities for tissue bioprinting)

ペンシルベニア州立大学の研究者が「ライジングスター」に認定される Penn State researcher was recognized as 'Rising Star' for the work 2022-08-24 ペンシルベニア...
0500化学一般

立方体型分子に電子を閉じこめる~産学連携により前人未到の含フッ素分子の合成に成功~

2022-08-22 京都大学 分子工学専攻の秋山みどり助教(研究当時東京大学特任助教)、東京大学の杦山真史大学院生、野崎京子教授、AGC株式会社岡添隆上席特別研究員らの研究グループは、分子工学専攻の東雅大准教授及び広島大学の駒口健治...
0500化学一般

植物の光合成初期過程の酸素発生活性を向上させるアミノ酸変異を発見~光合成・人工光合成の光エネルギー変換効率の向上へ期待~

2022-08-18 京都大学 光合成の初期過程では、光化学系IIと呼ばれるタンパク質と色素の複合体が、光エネルギーを利用して水から電子を引き抜き、電子を奪われた水は酸素分子へと分解されます。この、水から電子を取り出して酸素を生む「水分解-...
ad
タイトルとURLをコピーしました