0500化学一般

スポンサー
0500化学一般

結晶化過程で安定な結晶はどのようにして選ばれるか?

2020-07-02 東京大学 ○発表者: 田中  肇(東京大学 生産技術研究所 教授:研究当時) タン ペン(復旦大学 准教授) ○発表のポイント: ◆同じ組成の化学物質で複数の結晶構造が形成可能な「結晶多形」を示す系において、...
0500化学一般

わずかな粘度の違いを感じとる「羽ばたく蛍光分子」を開発

~ナノサイズの動きで液体のサラサラ度を測る~ 2020-06-12 京都大学,理化学研究所,科学技術振興機構 京都大学 大学院理学研究科の齊藤 尚平 准教授、木村 僚 修士課程学生らと理化学研究所の倉持 光 研究員、田原 太平 主任...
0500化学一般

引力相互作用は過冷却液体の構造を変える

2020-06-03 東京大学 ○発表者: 田中  肇(東京大学 生産技術研究所 教授:研究当時) ○発表のポイント: ◆密度の高いガラス転移点付近の液体の構造は、液体を構成する粒子同士の斥力相互作用で決まり、引力相互作用に...
0500化学一般

溶液中で発光しない分子が固体中で発光するメカニズムを解明

分子が固体中で発光する凝集誘起発光(AIEE)現象のメカニズムを解明し、固体中で分子間で形成される励起状態からの無輻射遷移の抑制に起因し、その抑制効果が分子間の配向に依存することを見出した。この機構を実現する一般的な設計指針を提案した。
0500化学一般

新しい周期表を考案~原子核の周期表「ニュークリタッチ」~

原子核の陽子の数に着目した、新しい周期表「ニュークリタッチ」を考案した。
0500化学一般

顕微鏡下で一つの分子の特定の部位に化学反応

走査型プローブ顕微鏡の探針を用いて、一つの分子内の特定の位置に対して、臭素原子やフラーレン分子を直接的に付加反応させることに成功した。グラフェンの超精密な改変が可能に、新規エレクトロニクス素子開発に期待。
0500化学一般

次世代リチウムイオン蓄電池性能の急激な低下を制止する新しい電解質

(New electrolyte stops rapid performance decline of next-generation lithium battery)エネルギー貯蔵容量、寿命やコスト、安全性に優れた次世代リチウムイオン蓄電池の実現に向け、新電解質とシンプルな添加物を開発。
0500化学一般

1兆分の3秒で進む分子の構造変化を追跡~結合生成に伴い金原子同士が折れ曲がった状態から直線形へ

10フェムト秒(1フェムト秒は1,000兆分の1秒)の光パルスを用いた独自の計測手法により、瞬間的な化学結合の生成に伴って3ピコ秒(1ピコ秒は1兆分の1秒)で進む分子の構造変化を直接追跡することに成功した。
0500化学一般

旋律を整えた赤外光で分子反応を操作

波の形を適切に整えた赤外光を用いることにより、分子振動を強く揺さぶり、化学結合が切断される解離反応を誘起することに成功した。
0500化学一般

シンプルで「スマート」なガラスが未来の人工ヴィジョンを示す

センサー、回路や電源を使わずに画像を認識できる「スマート」なガラス片の作製技術を開発。オプティクスを活用してカメラ、センサーや深層ニューラルネットワークを一枚の薄いガラス片に集約。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました