NASAの火星探査船団は低空飛行でも科学活動を行う(NASA’s Mars Fleet Will Still Conduct Science While Lying Low)

ad

2023-11-10 NASA

NASAの火星探査船団は低空飛行でも科学活動を行う(NASA’s Mars Fleet Will Still Conduct Science While Lying Low)NASA’s Perseverance rover captured this view of the location where it will be parked for several weeks during Mars solar conjunction, a period when engineers stop sending commands to spacecraft at the Red Planet because the Sun may interfere with radio signals. NASA/JPL-Caltech

◆11月11日から25日まで、地球と火星が太陽の反対側に位置するため、NASAは2週間の間、指令を火星探査機に送信しない。これは火星太陽コンジャンクションと呼ばれる現象で、2年ごとに起こる。太陽から放出されたイオン化ガスが無線信号を乱し、探査機の予期せぬ挙動を引き起こす可能性があるため。しかし、探査機は休暇ではなく、様々な活動を行う。
◆例えば、PerseveranceとCuriosityローバーは表面の変化や気象、放射線を監視し、Ingenuity Mars Helicopterは砂の移動を調査するなど。NASAは通常、火星探査機から健康状態の情報を受け取るが、2日間は情報を得られない。コンジャンクション後、衛星は溜まった科学データを地球に送信し、探査機に再び指令を送ることができるだろう。

<関連情報>

0300航空・宇宙一般
ad
ad
Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました