NASA、民間月探査ミッションで数十年ぶりの地表科学データを収集(NASA Collects First Surface Science in Decades via Commercial Moon Mission)

ad

2024-03-01 NASA

Odysseus’ landing captured a leg, as it performed its primary task, absorbing first contact with the lunar surface. With the lander’s liquid methane and liquid oxygen engine still throttling, it provided stability.
Odysseus’ landing captured a leg, as it performed its primary task, absorbing first contact with the lunar surface. With the lander’s liquid methane and liquid oxygen engine still throttling, it provided stability.
Credit: Intuitive Machines

NASAは50年以上ぶりに、新しい科学機器と技術デモからのデータを月から収集しました。これは、NASAのCLPS(Commercial Lunar Payload Services)イニシアチブとアルテミス計画による初めての着陸によるものです。オデュッセウス号に搭載された6つの機器は、着陸から8日後に科学と技術の運用を停止し、予想されたミッション運用に合致しました。このミッションはIM-1として知られ、アメリカの組織が数十年ぶりに月面に機器を着陸させた初めてのもので、商業ベンダーが月の科学的および技術的知識を拡張するために設計された機器を提供できることを証明しました。

<関連情報>

ad

0300航空・宇宙一般
ad
ad
Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました