2023-10-10

シリコン量子ビット間で強い誤り相関を観測~シリコン量子コンピュータの将来設計に重要な示唆~ 1601コンピュータ工学

シリコン量子ビット間で強い誤り相関を観測~シリコン量子コンピュータの将来設計に重要な示唆~

2023-10-10  理化学研究所,東京工業大学 理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター 量子機能システム研究グループの樽茶 清悟 グループディレクター、量子システム理論研究チームのダニエル・ロス チームリーダー、東京工業大学 超ス...
次世代プロトン伝導セラミック燃料電池の発電性能を飛躍的に向上~発電効率70%が実現可能で、カーボンニュートラルに貢献~ 0402電気応用

次世代プロトン伝導セラミック燃料電池の発電性能を飛躍的に向上~発電効率70%が実現可能で、カーボンニュートラルに貢献~

2023-10-10 産業技術総合研究所 ポイント 電解質の内部短絡抑制と緻密薄膜化により発電性能が飛躍的に向上 実験データを再現できる計算モデルを構築し、発電効率70%以上の実現可能性を確認 超高効率発電技術の実現に向けた一歩 概要 国立...
強誘電体トランジスタを用いた不揮発光位相器を開発 ~光電融合深層学習プロセッサーへの応用に期待~ 0403電子応用

強誘電体トランジスタを用いた不揮発光位相器を開発 ~光電融合深層学習プロセッサーへの応用に期待~

2023-10-10 東京大学 発表のポイント ◆光位相器を強誘電体トランジスタで駆動する新たな手法を考案。 ◆強誘電体中のメモリ効果を用いることで、光位相器の不揮発化を実証。 ◆シリコン光回路に強誘電体トランジスタを集積した光電融合深層学...
天文学者と市民天文学者がひも解いた銀河進化の謎 1701物理及び化学

天文学者と市民天文学者がひも解いた銀河進化の謎

2023-10-10 国立天文台 激しい衝突・合体の現場にある銀河。大きく形が崩れた銀河が多く、合体の激しさが見て取れます。(クレジット:国立天文台) 画像(9.2MB) 国立天文台の市民天文学プロジェクト「GALAXY CRUISE(ギャ...
令和5年9月の地殻変動 1702地球物理及び地球化学

令和5年9月の地殻変動

2023-10-10 国土地理院 全国の地殻変動概況 国土地理院が全国に展開している電子基準点等のGNSS連続観測網(GEONET)の観測結果から求めた、2023年8月下旬から2023年9月下旬までの1か月間の地殻変動概況は、別紙1~7のと...
チーニュー実験、核セキュリティとエネルギー原子炉を支持するデータで終了(Chi-Nu experiment concludes with data to support nuclear security, energy reactors) 2000原子力放射線一般

チーニュー実験、核セキュリティとエネルギー原子炉を支持するデータで終了(Chi-Nu experiment concludes with data to support nuclear security, energy reactors)

2023-09-27 ワシントン州立大学(WSU) ◆Chi-Nu物理実験は、ロスアラモス国立研究所で行われ、ウラン-238、ウラン-235、プルトニウム-239の3つの主要なアクチニウム元素に関する核分裂データを提供しました。 ◆この実験...
限定画像データからCT画像を再構成するAIツール「DOLCE」を紹介(Meet DOLCE, an AI tool that reconstructs CT images from limited-view data) 1602ソフトウェア工学

限定画像データからCT画像を再構成するAIツール「DOLCE」を紹介(Meet DOLCE, an AI tool that reconstructs CT images from limited-view data)

2023-10-06 ワシントン大学セントルイス校 Figure 1: Illustration of slices from a luggage reconstructed using Filtered Back Projection (...
量子もつれの生成を高速化(Speeding up creation of quantum entanglement) 1700応用理学一般

量子もつれの生成を高速化(Speeding up creation of quantum entanglement)

2023-10-06 ワシントン大学セントルイス校 ◆アインシュタインと同僚が1930年代に提案した以来、量子物理学の研究者や一般の人々にとっても驚きの的であった「量子もつれ(Entanglement)」について研究が進行中です。 ◆物理学...
NRELの分析が洋上風力開発の推進要因を特定(News Release: NREL Analysis Identifies Drivers of Offshore Wind Development) 0202海洋空間利用

NRELの分析が洋上風力開発の推進要因を特定(News Release: NREL Analysis Identifies Drivers of Offshore Wind Development)

2023-10-09 米国国立再生可能エネルギー研究所(NREL) ◆米国エネルギー省の研究者らによるモデル化によれば、2050年までに米国大西洋岸沿いの地域の最大20%の電力需要をオフショア風力発電所が供給する可能性がある。ただし、展開は...
気候変動が引き起こす猛暑により、地球の一部が人間にとって暑すぎる場所になるかもしれない(Climate-driven extreme heat may make parts of Earth too hot for humans) 1900環境一般

気候変動が引き起こす猛暑により、地球の一部が人間にとって暑すぎる場所になるかもしれない(Climate-driven extreme heat may make parts of Earth too hot for humans)

2023-10-09 ペンシルベニア州立大学(PennState) ◆新研究によれば、現在の地球温暖化のペースが続くと、平均気温が1度以上上昇すると、世界中で何十億人もの人々が耐えられないほどの熱と湿度にさらされる可能性が高まります。気温と...
数百万年前の致命的な気候変動は火山噴火によるものであったと科学者らが結論。(Lethal Climate Change Millions of Years Ago Was Due to Volcanic Eruptions, Scientists Conclude) 1702地球物理及び地球化学

数百万年前の致命的な気候変動は火山噴火によるものであったと科学者らが結論。(Lethal Climate Change Millions of Years Ago Was Due to Volcanic Eruptions, Scientists Conclude)

2023-10-09 ニューヨーク大学 (NYU) Photo credit: frantic00/Getty Images ◆過去2億6000万年間の気候変動は、大規模な火山噴火とそれに続く環境危機によって引き起こされ、生命の大量絶滅をも...
ad
タイトルとURLをコピーしました