20世紀中頃の北極寒冷化は人間活動による大気中の微粒子の増大と気候の自然変動が複合的に影響

ad
ad
ad
ad

北極温暖化の将来予測の信頼性向上に貢献

2022-04-07 国立極地研究所,気象庁気象研究所

国立極地研究所の相澤拓郎特任研究員と気象庁気象研究所の大島長主任研究官、行本誠史研究官の研究グループは、気象研究所で開発した気候モデルを含む、世界の最新の気候モデル群によるシミュレーションデータを結集させ分析することで、20世紀中頃の北極寒冷化は、人間活動に起因する大気中の微粒子の増大と自然に生じる数十年周期の気候の寒冷化が同時期に起きたことが主原因だと明らかにしました。

本成果は、北極域での気候変動のメカニズムの解明につながるとともに、北極温暖化の将来予測の信頼性向上に貢献することが期待されます。この成果は、2022年1月28日(日本時間)にGeophysical Research Lettersに掲載されました。

研究の背景

2015年に国連気候変動枠組条約締約国会議で合意された温室効果ガス削減に関するパリ協定では、世界平均の温度上昇を産業革命前に比較して2℃よりも十分低く保つことを目標としていますが、今後北極域では、世界平均の2倍以上の気温上昇が見込まれています。将来の北極温暖化を理解するためには、人間活動や自然に生じる気候の内部変動(注1)が過去の北極の気候変動にどの程度影響を与えてきたかを、観測と数値シミュレーションによって正確に評価しておくことが必要です。

タイトルとURLをコピーしました