誕生:ダイアモンドの双子の弟 新しいキラル炭素ネットワークの最小かご単位

ad
ad

2022-02-08 東京大学

磯部 寛之(化学専攻 教授)
池本 晃喜(化学専攻 講師)

発表のポイント

  • 「ダイアモンドの双子の兄弟(ポルクス)」を化学合成で登場させました。ポルクスは、ダイアモンドと同じ「完全対称性」と「強等方性」を持ち、さらにそこに特異な「キラリティ」を併せ持つ新物質ですが、これまで理論上・想像上の物質でした。
  • 今回の研究は、ポルクセンという「ポルクスの最小かご単位」を設計・合成したものです。
  • 化学合成によりポルクセン特有の「キラリティ」の特徴が明らかになりました。

発表概要

東京大学大学院理学系研究科の磯部寛之教授の研究グループは、ダイアモンドの双子の兄弟「ポルクス」を化学合成により世界で初めて登場させました(図1)。ダイアモンドと同じ「完全対称性(注1)」と「強等方性(注2) 」」を持つポルクスから、最小のかご単位を切り出した分子「ポルクセン」を設計し、合成したものです(図2、3)。また、ポルクスにはダイアモンドと異なる特徴として、特異なキラリティ(注3) を持つことが、理論上、知られていましたが、本研究で、はじめてポルクセンの実在物質としての構造解析が可能となり、その複雑なキラリティ特性の一端を明らかにすることができました。こうした成果は今後、新しいキラルナノカーボン材料の展開の礎となることが期待されます。

タイトルとURLをコピーしました