分解性ポリマーを作る新合成方法 (New synthesis method yields degradable polymers)

ad
ad

2019/10/28 アメリカ合衆国・マ サチューセッツ工科 大学(MIT)

A new type of polymer designed by MIT chemists incorporates a special monomer (yellow) that helps the polymers to break down more easily under certain conditions.

 ・ MIT が、人体や環境で分解し易いポリマーの合成方法を開発。

・ 開環メタセシス重合(ROMP: ring-opening metathesis polymerization,)と呼ばれる化学反応は、ナノフ ァブリケーション、高性能樹脂、薬物伝達や造影剤等の多用途ポリマー構築で有用だが、人体等の自 然の環境下では分解しないことが難点の一つ。

・ 新合成技術では、ポリマーを生成する一般的な ROMP のプロセスに 新タイプのモノマーを加えて分解し易さを向上。同モノマーは、弱い酸、塩基、フッ化物のようなイオン 等で分解できる化学結合を作る。医療アプリケーションだけではなく、使用後に急速分解する産業用 ポリマー合成等、多様な活用が可能。

・ ROMP 合成によるポリマーで最も一般的な構成要素は、ノルボルネンと呼ばれるモノマー。容易に 開環する環構造を有し、連なってポリマーを形成する。薬品や造影剤等の分子をノルボルネンに添加 して重合化する。

・ 同合成技術では、がん治療薬の一括輸送や MRI 等への造影剤の運搬に使用できる、線状型、ボト ルブラシ型、星型など様々な構造のポリマーが作製できるが、これらのポリマーは完全な炭素―炭素 結合から構成されるため、すぐに分解できない。

・ このため、体内で除去されやすい、直径約 10 ㎚レベルの微細なポリマーの開発に着手。ノルボル ネン以外のモノマーを使用した、分解しやすいポリマー開発の試みも他にあるが、重合時の効率性が 課題となっている。また、薬品やその他の分子の添加が難しく、分解には厳しい環境を要する。

タイトルとURLをコピーしました