「亀裂」と「光」で世界最小サイズの絵画の作製に成功~インクを使わずに超高精細な印刷が可能に~

ad
ad

2019-06-20 京都大学

 シバニア・イーサン 高等研究院物質–細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)教授と伊藤真陽 同特定助教らの研究グループは、大きさ1mmという世界最小サイズの葛飾北斎「神奈川沖浪裏」をインクを一切使わずにフルカラーで作製することに成功しました。

 ポリマー(高分子)が圧力にさらされる時、「フィブリル」という細い繊維を結成する「クレージング」と呼ばれる作用が起こります。このフィブリルが視覚的に認識出来るレベルでクレージングが起こった時に視覚効果が得られます。

 本研究グループは、OM(Organized Microfibrillation:組織化したミクロフィブリレーション)と呼ばれるクレージングを調整してフィブリルを組織的に形成させ、その形成したフィブリルで特定の色の光を反射する素材を開発しました。そして、フィブリル層の周期を調整することによって、青から赤まで全ての可視光を発色する事に成功しました。

 OM技術は、様々なフレキシブルで透明な素材上に画像解像度数14000dpiまでの大規模なカラー印刷をインク無しで行うことを可能にしました。本研究成果は、インクを使用しないカラー印刷技術の発展に繋がることが期待されるとともに、紙幣の偽造防止など様々な技術への応用が示唆されます。

 本研究成果は、2019年6月20日に、国際学術誌「Nature」のオンライン版に掲載されました。

図:本研究のイメージ図

 

書誌情報

【DOI】 https://doi.org/10.1038/s41586-019-1299-8

Masateru M. Ito, Andrew H. Gibbons, Detao Qin, Daisuke Yamamoto, Handong Jiang, Daisuke Yamaguchi, Koichiro Tanaka & Easan Sivaniah (2019). Structural colour using organized microfibrillation in glassy polymer films. Nature, 570(7761), 363-367.

  • 朝日新聞(6月20日 29面)、京都新聞(6月20日 25面)、日刊工業新聞(6月20日 28面)および毎日新聞(6月20日 29面)に掲載されました。

詳しい研究内容について

“亀裂”と“光”で絵画を作製

インクを使わない高精細な画像印刷で作製された、1mm の葛飾北斎「神奈川沖浪裏」。 世界最小サイズの浮世絵がプリント技術の未来を示す。

*イメージ画像です。

葛飾北斎(1760 – 1849) は、西洋美術におけるダ・ヴィンチ、ゴッホ、レンブラント・ヴァ ン・レインと並んで挙げられる日本美術界の大巨匠です。葛飾北斎の残した名作の中で も「神奈川沖浪裏」は、北斎の芸術的才を示す最高傑作であると言われています。

このたび、京都大学アイセムスのシバニア・イーサン教授と伊藤真陽特定助教らの研究 グループが大きさ 1mm、世界最小サイズの葛飾北斎「神奈川沖浪裏」をインクを一切使 わずにフルカラーで作製しました。本成果は、英国科学誌 Nature に 6 月 20 日に掲載 されました。

色彩や形を記すことへの欲求は太古から存在しています。葛飾北斎が木片と小刀を手 にする 約 38000 年前にインドネシア・東カリマンタン州のルバン・ジェリジ・サレー洞窟 では名も知れぬ住民が黄土を用いて雄牛の壁画を描き、現在それが世界で最古の” 絵”として知られています。やがて人類史上に美術という分野が生まれ、美術史を生み ながら発展し、デジタルアートといった新しい分野が加わった現在でも変わらず、人は色 や形を記し表現してきました。

タイトルとURLをコピーしました