リアルタイム浸水予測システム

スポンサーリンク
2019-04-12 国総研
この「リアルタイム浸水予測システム」(以下、「浸水予測システム」という。)は、 国総研がSIP(戦略的イノベーション創造プログラム(内閣府))により開発したシステムで、 都市部の中小河川を対象とした、10分毎の実測・予測雨量、河川水位データに基づき河川モデルと 下水道(管径Φ600mm以上)モデル、氾濫原(25mメッシュ)モデルを組み合わせ、一体的に計算することにより、 1時間先までの10分毎の河川水位及び浸水深を予測するシステムです。
浸水予測システム紹介動画
【日本語】(10分) 616MB 

 

Introduction of Urban Flood Prediction System
【ENGLISH】(10minutes)621MB 

浸水予測システムドキュメント集ver2019.02
※以下の各項目をクリックすることで
ドキュメント集のダウンロードが可能です。

※本システムは国総研(水害研空室)が現在研究開発中のものであり、システムに関するプログラムは配布しておりません。
※本ドキュメント集が原因によるいかなる損害に対しても国総研は一切の責任は負いかねますので、ご了承の上ダウンロード願います。
※本システム及びドキュメント集における著作権その他一切の知的財産権は、特に表示のない限り、国総研に帰属します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク