平成30年北海道胆振東部地震に伴う地殻変動(暫定)(第2報)

スポンサーリンク

2018/09/11 JAXA,国土地理院

概要

 平成30年北海道胆振東部地震(M6.7、深さ37km、最大震度7)に伴う地殻変動が観測されました。

平成30年(2018年)9月6日03時07分頃に発生した北海道胆振(いぶり)東部地震について、震源域周辺の電子基準点で観測された9月6日14時59分までのデータを解析した結果、電子基準点「門別(もんべつ)」において南方向に約5cm、電子基準点「厚真(あつま)」において南東方向に約5cmの地殻変動が見られたほか、その周辺の電子基準点で小さな地殻変動が確認されました。これらの結果は、9月6日09時00分時点の速報的な解析結果と整合的です。

ただし、本結果は、地震に伴い電子基準点が傾斜した影響を含んでいる可能性があります。

次に、だいち2号のSARデータを使用した解析により、地震に伴う地殻変動を明らかにしました。9月6日11時41分に観測したデータからは、震央南東の直径約20kmの範囲で最大約5cmの衛星に近づく変動が見られます。また、厚真町からむかわ町にかけての平野部で局所的な地盤変動が数多く見られます。この結果は、電子基準点で観測された結果と整合的です。

今後も注意深く電子基準点やSARによる地殻変動の監視を続けていきます。

今回の結果は速報であり、より詳細な分析等により、今後内容が更新されることがあります。
SAR干渉解析 の精度は一般的には数cm 程度とされています。また、SAR衛星の観測条件が異なる場合、同じ地殻変動であっても、解析結果の見え方に違いが生じます。
SAR観測データは、地震予知連絡会SAR解析ワーキンググループを通して、JAXAから提供されたものです。
解析:国土地理院 原初データ所有:JAXA

添付資料

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院