竹崎発射管制棟(LCC)の建屋完成

スポンサーリンク

2018/04/24 JAXA

竹崎発射管制棟(LCC)の建屋完成

種子島宇宙センターでは、H3ロケットの打ち上げに向けて、施設や設備の開発が始まっています。その一環として、今年の3月に「竹崎発射管制棟」(略称LCC)の建屋が完成しました。発射管制棟とは、ロケット打上げまでの作業に対する指揮・作業を遠隔操作で行う建屋です。H-IIAロケットの発射管制棟は射点近くの吉信地区にありますが、H3ロケットでは射点から約3km離れた竹崎地区に移しました。

H3の竹崎発射管制棟(LCC)は、全体指揮を司る竹崎総合指令棟(RCC)と隣接させて連携を取りやすくすること、発射管制を行う人員をH-IIAロケットに比べ1/3~1/4に減らすことを目指しました。これにより、管制室はとてもコンパクトになり、また、建設にあたっては、射点の眺望を阻害しないことも考慮しました。
竹崎発射管制棟(LCC)では、今後、発射管制装置や通話・放送等共通設備の設置が行われ、2020年度に種子島宇宙センターで行われるH3ロケットの総合試験や試験機打上げに使用されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク