2018-04-05

0301機体システム

H3ロケット電気系システム試験(その1)の様子

H3ロケットでは搭載機器について、コスト低減のための自動車用電子部品の適用や、信頼性向上のための冗長化、運用性向上のための機体内ネットワーク化などの新たな技術を取り入れて開発を進めています。
2004放射線利用

光合成細菌,光捕集タンパク質複合体の正確な三次元原子構造を解明

光合成細菌において光エネルギーを捕集し、電子伝達を行っている巨大な膜タンパク質複合体LH1-RCの立体構造を、大型放射光施設SPring-8を利用して高分解能で正確に突き止めました。
1202農芸化学

乾燥に強くなる植物ペプチドを発見

生物において組織間の情報伝達を担う神経を持たない植物は、体内で作り出した移動性の「CLE25ペプチド」を使うことで根と葉の間で情報をやりとりし、乾燥ストレス耐性を高めていることを発見しました。
0403電子応用

磁性絶縁体を用いてグラフェンのスピンの向きを制御

グラフェン回路を用いたスピントランジスタの実現にかかせない電子スピンの向きを制御する新技術の開発に成功しました。
2003核燃料サイクルの技術

核融合研究がさらに進展

平成29年度の研究を終了し、3つに代表される研究成果を上げ、核融合研究をさらに前進させることに成功しました。
0502有機化学製品

グリーン建材(木材・プラスチック再生複合材(WPRC))に関する国際標準が発行

日本の環境性能に優れた製品の国際市場での適正な評価と一層の普及拡大が期待されると共に、国連SDGs目標12の達成にもつながることが期待されます。
0300航空・宇宙一般

宇宙環境計測情報システム「SEES」で「準天頂衛星」の宇宙天気データの配信を開始しました!

JAXAでは、内閣府から提供を受けて、準天頂衛星初号機、2号機、4号機の宇宙天気データの配信を開始しました。
0502有機化学製品

ウイルスでできた熱伝導フィルムを開発

核酸の周囲にたんぱく質が規則的に集合化した高分子集合体である繊維状ウイルスでフィルムを作製し、優れた熱伝導材となることを解明。
1604情報ネットワーク

京都駅のICOCAロッカーがもっと便利に

大阪駅・新大阪駅に続き、「ICOCAロッカー検索」サービスを、2018年4月19日(木曜日)より京都駅で開始することとしました。4カ国語<日・英・中(簡体字)・韓>で表記。
ad
タイトルとURLをコピーしました