広い温度と磁場の領域で電気抵抗ゼロを示す超電導接合

ad
-安価で簡便な冷却方式のMRI・NMR装置の実現に前進-

2017年12月19日 理化学研究所 住友電気工業株式会社

理研(理化学研究所)ライフサイエンス技術基盤研究センター構造・合成生物学部門NMR施設の前田秀明施設長、理研CLST-JEOL連携センターの柳澤吉紀ユニットリーダーと住友電気工業株式会社パワーシステム研究開発センター次世代超電導開発室の永石竜起室長らの共同研究グループ※は、レアアース系高温超電導線材[1]同士の接合部において、広い温度と磁場の領域でその電気抵抗をゼロにする新しい接合技術を開発しました。

[gview file=”https://tiisys.com/wp/wp-content/uploads/2017/12/171219elec-choudenndousetugou.pdf”]

 

ad
0400電気電子一般0401発送配変電0402電気応用0403電子応用0405電気設備
ad
ad


Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました