0504高分子製品

0504高分子製品

マイクロプラスチックの一部をシルクで代替 (Silk offers an alternative to some microplastics)

2022-07-20 アメリカ合衆国・マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ MIT と BASF が、マイクロプラスチックの代替が期待できる、シルクプロテインをベースとした生分解性のコーティング材料を開発。シルクは無毒で体内...
0504高分子製品

ポリエステルの分解・ケミカルリサイクルを実現する高性能触媒を開発 ~植物油から化学品を合成する技術を適用、プラごみ問題の解決に道~

2022-09-16 科学技術振興機構,東京都立大学 ポイント プラスチックごみ問題(プラごみ問題)の解決に向けて、ポリマーを効率良く原料へ変換する革新的な手法開発が切望されている。 ポリエステルとアルコールを混合...
0504高分子製品

高分子合成における新しい末端官能基化手法の開発に成功~N-置換マレイミドを配位子とする新規Pd錯体を用いたジアゾ酢酸エステルのC1重合による末端官能性ポリマーの合成~

2022-09-05 愛媛大学 研究のポイント N-置換マレイミドを配位子とする比較的安定な新規Pd(0)錯体の合成に成功した。 炭素―炭素結合を主鎖骨格にもつポリマーの新たな末端官能基化の手法の開発に成功した。 研...
ad
0504高分子製品

プラスチックの代替を狙う抗菌・植物ベースの食品用ラップ (Rutgers Scientist Develops Antimicrobial, Plant-Based Food Wrap Designed to Replace Plastic)

2022-06-21 アメリカ合衆国・ラトガース大学 ・ ラトガース大学とハーバード大学が、病原性・腐敗微生物や輸送中の損傷から食品を保護する、植物ベースの生分解性パッケージング技術を開発。 ・ 多糖類とバイオポリマーベース...
0504高分子製品

プラスチックのアップサイクル:廃棄物から燃料へ、より少ないコストで(Plastic Upcycling: From Waste to Fuel for Less)

問題のあるプラスチックは、新しい技術によって埋め立て地から転用され、燃料源に変換される可能性があります。 Problem plastics could be diverted from landfills and converted in...
0504高分子製品

「永遠の化学物質」をシンプルな新手法で破壊する(‘Forever chemicals’ destroyed by simple new method)

PFASを分解し、良質の最終製品にするプロセス Process beheads PFAS, causing it to fall apart into benign end products 2022-08-18 ノースウェスタン大学 ...
0504高分子製品

光に対して安定なのに、光で分解できる材料を開発 ~長く使えて環境にやさしい材料へ~

2022-08-18 東京大学,科学技術振興機構 ポイント 従来の光分解性材料はその分解性のために、光の下で長時間利用できないという問題点があった。そこで、光に対する安定性と分解性を両立させた新しい材料の開発に取り組んだ...
0504高分子製品

煙突などからシンプルで安価な炭素捕捉用素材(A simple, cheap material for carbon capture, perhaps from tailpipes)

2022-08-04 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) 化学者たちは、メラミンという安価なポリマー(フォーマイカの主成分)を使って、米国や他の国々が温室効果ガスの排出削減を目指している重要な目標である煙突からの二酸化炭素の回収を、...
0504高分子製品

低含水性なのに高イオン伝導性な燃料電池膜:グラフト型高分子電解質膜の構造を初めて観察~親水相内のナノ構造を明らかに~

2022-08-02 量子科学技術研究開発機構 発表のポイント 放射線グラフト重合で作製した燃料電池用高分子電解質膜について、これまで未解明だった親水相内の構造を中性子小角散乱に部分散乱関数を組み込んだ新たな手法で解析。 ...
0504高分子製品

新触媒でブタジエンの効率的な生産に成功(New Catalyst Leads to More Efficient Butadiene Production)

2022-07-27 ノースカロライナ州立大学(NCState) 研究者らは、天然ガスの成分であるブタンを合成ゴムやさまざまなプラスチックの構成要素であるブタジエンに変換する効率を向上させる新しい触媒を開発しました。 研究者達は、これま...
0504高分子製品

15分程度で自己修復するエラストマーを実現 ~フッ素を利用した”うら返し”のマテリアルデザイン~

2022-07-25 岐阜大学,科学技術振興機構 ポイント 室温で自発的に損傷が自己修復するエラストマーはメンテナンスフリーという観点から有用性が高い。 粘着性の高いポリマーに撥水・撥油性のフッ素成分を結合すること...
0504高分子製品

太陽光で「永遠の化学物質」を破壊する触媒を改良(Rice improves catalyst that destroys ‘forever chemicals’ with sunlight)

PFOAを分解するナノ粒子の設計を化学エンジニアが微調整 Chemical engineers fine-tune design of PFOA-destroying nanoparticles 2022-07-25 ライス大学 ライ...
ad
タイトルとURLをコピーしました