0300航空・宇宙一般

0300航空・宇宙一般

宇宙放射線の被ばく線量を低減する新たな宇宙船素材を発見

単位面積あたりの質量を同じにした試験材料を用いて宇宙放射線を模擬した粒子線照射実験と数値シミュレーションを行った結果、人に対する影響が大きい重粒子線に対する遮へい効果は、宇宙船構造材料に用いられるアルミニウムよりも、軽い炭素繊維強化プラスチック等の複合材料は宇宙放射線に対する遮へい効果が30~60%高いことを明らかにした。
0300航空・宇宙一般

太陽フレアによる被ばくの脅威から航空機搭乗者を「合理的」に護る

過去2000年間に発生した太陽フレアの頻度と強度、及び最新のシミュレーションにより得られた太陽放射線被ばく線量率の4次元空間時系列データを解析し、太陽放射線被ばくによる航空機運航計画変更に伴う経済的損失リスクの定量化に世界で初めて成功しました。
0300航空・宇宙一般

シルバーエアーボンバルディアBD-700-1A10型重大インシデント[機内気圧の異常な低下](那覇空港の北北東約92km、令和2年2月20日)

同機がFL400を飛行中に両方の空調装置(PACK)が停止したことにより、機内の気圧の異常な低下が発生したものと推定される。両方のPACKが停止したことについては、運航乗務員が燃料循環装置のスイッチを操作するつもりで誤って両方のPACKのスイッチを「OFF」にしたことによるものと推定される。
0300航空・宇宙一般

東邦航空エアバス・ヘリコプターズ式AS350B3(回転翼航空機)[つり下げ輸送中における物件の落下](東松島市、令和2年12月4日)

低速で飛行中、つり下げていた枯れ木の脱落防止措置が十分でなかったため、ダウンウォッシュを含む風圧の影響を受けて、枯れ木の一部が休耕中の畑に落下したものと推定される。
0300航空・宇宙一般

個人マックスエアー式ドリフターXP-R503L(超軽量動力機、複座)の事故[樹木との衝突による負傷](宮古島市、令和2年1月3日発生)

飛行中にエンジンの回転数が増加せず、飛行の継続に必要な推力を得られなくなったため、機体が降下状態となり不時着目標地点手前の樹木に左主翼が衝突して地面に落下し機体は損傷し、同乗者が重傷を負ったものと考えられる。
0300航空・宇宙一般

日本エアコミューターATR式42-500型機[機体の動揺による客室乗務員の負傷](種子島空港の北北西約57km、令和元年10月12日)

局地的な風向風速の変化に遭遇した後、運航乗務員によるVMO超過回避のための機首上げ操作及び速度の増加に伴う機首上げ効果により機体姿勢が大きく変化したことによるものと考えられる。
0300航空・宇宙一般

X線偏光観測衛星 IXPEで紐解くダイナミックな宇宙

2021年度打ち上げ予定の世界初高感度X線偏光観測衛星 IXPEに搭載される受動型熱制御薄膜フィルターおよびガス電子増幅フォイルの製作を完了し、各々米国アメリカ航空宇宙局(NASA)やイタリアチームに提供した。IXPE衛星はX線偏光をかつてない感度で検出することで、ブラックホール近傍の時空構造や中性子星の超強磁場内の真空の性質を調べ、ダイナミックな宇宙を探る切り札として期待されている。
0300航空・宇宙一般

イースター航空 ボーイング737-800重大インシデント[車両が存在する滑走路へ着陸の試み](百里,令和元年8月22日)

イースター航空ボーイング式737-800型HL8052は、百里飛行場に着陸する際、管制官から指示された滑走路と異なる、点検車両が走行中の滑走路に着陸を試みた。同機が着陸すべき滑走路を誤認し、点検車両が走行中の異なる滑走路に向けて進入したため、発生したものと推定される。
0300航空・宇宙一般

富士通クラウドテクノロジーズ、JAXAと共同検証で 衛星データ前処理ツールの機能・性能の改善へ

2021-03-05  富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新見 昌弘、以下当社)は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下JAXA)が開発した衛星データ...
0300航空・宇宙一般

ボーイング777型機(プラット&ホイットニー式PW4000系列型エンジンを搭載したもの)の運航停止指示について

(令和3年2月21日に米国で発生したユナイテッド航空のエンジン損傷事案関連) 2021-02-22 国土交通省 令和3年2月21日(現地時間20日)に米国で発生したユナイテッド航空ボーイング777型機のエンジン損傷事案を受け、我...
ad
タイトルとURLをコピーしました