世界的な研究により、「フラッシュ干ばつ」の発生が加速していることが判明(’Flash Droughts’ Coming on Faster, Global Study Shows)

ad
ad

2022-04-01 テキサス大学オースチン校(UT Austin)

・テキサス大学オースティン校、香港理工大学、テキサス工科大学の研究者によると、過去20年間、フラッシュ干ばつが発生する回数は横ばいであるものの、より多くのフラッシュ干ばつがより速く発生するようになっていることが判明しました。
・鉄砲水と同じように、フラッシュ干ばつは数日から数週間で土壌を乾燥させる。このような現象は、農作物を全滅させ、莫大な経済的損失をもたらす可能性があります。
・世界的に見ると、最も早く発生し、わずか5日以内に地域を干ばつ状態に追い込むフラッシュドローは、約3%〜19%増加している。また、南アジア、東南アジア、北米中央部など、特にフラッシュ干ばつが発生しやすい地域では、22%〜59%も増加している。
・共著者であるテネシー大学ジャクソン校のZong-Liang Yang教授は、「毎年、記録的な温暖化が起こっており、フラッシュ干ばつについて理解し、その影響に備えることの重要性を強調している」と述べている。

<関連情報>

土壌水分枯渇と大気乾燥の共同影響による鉄砲水渇水の促進 Accelerating flash droughts induced by the joint influence of soil moisture depletion and atmospheric aridity

Yamin Qing,Shuo Wang,Brian C. Ancell &Zong-Liang Yang
NatureCommunications Published: 

Fig. 1: 強化率と継続時間の観点から見た、異なる定義によるフラッシュ干ばつのSMパーセンタイルと平均頻度の変化の比較。

Abstract

The emergence of flash drought has attracted widespread attention due to its rapid onset. However, little is known about the recent evolution of flash droughts in terms of the speed of onset and the causes of such a rapid onset phase of flash droughts. Here, we present a comprehensive assessment of the onset development of flash droughts and the underlying mechanisms on a global scale. We find that 33.64−46.18% of flash droughts with 5-day onset of drying, and there is a significant increasing trend in the proportion of flash droughts with the 1-pentad onset time globally during the period 2000−2020. Flash droughts do not appear to be occurring more frequently in most global regions, just coming on faster. In addition, atmospheric aridity is likely to create a flash drought-prone environment, and the joint influence of soil moisture depletion and atmospheric aridity further accelerates the rapid onset of flash droughts.

タイトルとURLをコピーしました