1206農村環境

1206農村環境

地上から空、宇宙まで。耕起の推定が技術的に向上(From ground to air to space: Tillage estimates get tech boost)

2023-01-23 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 米国農務省の全国統計によると、不耕起と保全耕起は増加傾向にあり、トウモロコシと大豆農家の4分の3以上が土壌侵食を減らし、土壌構造を維持し、燃料を節約するためにこれらの方法を選...
1206農村環境

BOD監視システムの運転マニュアル

2022-12-23 農研機構 カテゴリ:技術紹介パンフレット 畜産・草地 タイトル:BOD監視システムの運転マニュアル 発行年月日:2022年12月23日 概要: 「BOD監視システム」は、BOD(生物化学的...
1206農村環境

カモ等がハス田の泥中のレンコンを食べる様子を初確認~ 夜間に生じる「カモ被害」の実態の把握に向けて~

2022-11-29 農研機構 ポイント 農研機構は、野生のカモ等が、水が張られたハス田の泥中にあるレンコンを食べる様子の確認に初めて成功しました。ハス田に試験的にレンコンを埋め、夜間のカモ等の行動を動画撮影した結果、一部のカモ等(マガ...
ad
1206農村環境

根寄生雑草被害防除に光明! ~植物ホルモンストリゴラクトンの分子種による機能分担の解明と 根寄生雑草被害防除法の発見~

2022-11-03 東京大学 発表者 伊藤 晋作(東京農業大学バイオサイエンス学科 准教授) 野村 崇人(宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター 准教授) 浅見 忠男 (東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化...
1206農村環境

除草剤に含まれる有害な化学物質が空気中に拡散することを示す研究結果(Study shows hazardous herbicide chemical goes airborne)

アミン類は、人体や環境の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。 Amines can negatively affect human, environmental health 2022-10-27 ワシントン大学セントルイス ジカン...
1206農村環境

土壌中クロピラリドが野菜・花きの初期生育に及ぼす影響・データ集(第2版)

2022-10-24 農研機構 カテゴリ:園芸・茶,技術マニュアル,技術紹介パンフレット,土壌肥料・根圏 タイトル:土壌中クロピラリドが野菜・花きの初期生育に及ぼす影響・データ集(第2版) 発行年月日:2022...
1206農村環境

飼料及び堆肥に残留する除草剤(クロピラリド)の簡易判定法と被害軽減対策マニュアル(第3版)および解説集

202210-24 農研機構 カテゴリ:園芸・茶,技術マニュアル,畜産・草地 タイトル:飼料及び堆肥に残留する除草剤(クロピラリド)の簡易判定法と被害軽減対策マニュアル(第3版)および解説集 発行年月日:202...
1206農村環境

不耕起栽培は亜酸化窒素ガスの排出を減らし、気候変動に対処できる可能性があります。(No-till management may reduce nitrous oxide gas releases, fight climate change)

2022-09-14 ペンシルベニア州立大学(PennState) ペンシルベニア州立大学の研究チームが行った新しい研究によると、土壌の撹乱を抑えることで亜酸化窒素の放出が抑えられる可能性があることが示唆された。 この研究は、不耕起、チ...
1206農村環境

農薬使用による水生生物への生態リスクの全国的な変動を見える化~水生生物へのリスクは過去20年間で減少~

2022-09-12 農研機構 ポイント 農研機構は、これまでに開発してきた生態リスク評価の複数の技術を統合させ、全国を対象に農薬使用による水生生物への生態リスクの時間や地域による変動の見える化を可能としました。適用例として日本で使用さ...
1206農村環境

急速な進化で除草剤耐性を獲得した雑草イネ(Weedy rice has become herbicide resistant through rapid evolution)

国内最大の米生産地で脅威となる、除草剤に耐性を持つ攻撃的な雑草が発生 Aggressive, herbicide-resistant weed is a threat in nation’s largest rice productio...
1202農芸化学

多収で病害にも強い耐塩性ダイズ新品種を開発~塩害農地におけるダイズの安定生産に貢献~

2022-09-08 国際農研,中国江蘇農業科学院・工芸作物研究所 ポイント 耐塩性遺伝子 Ncl 1)を導入した耐塩性ダイズを国際共同研究により開発 耐塩性に加え、多収性、高品質、病害抵抗性を備えた優良品種 塩...
1206農村環境

土壌の温度は作物における害虫の広がりを予測することができる(Soil Temperature Can Predict Pest Spread in Crops)

2022-09-05 ノースカロライナ州立大学(NCState) ノースカロライナ州立大学の新しい研究によると、トウモロコシ、綿、大豆、ピーマン、トマト、その他の野菜作物を荒らす重要な害虫であるコーンイヤーワーム(Helicoverpa ...
ad
タイトルとURLをコピーしました