1206農村環境

1206農村環境

年間を通じた間断かんがいで農家の利益向上と 温室効果ガスの削減が可能に~メコンデルタにおける間断かんがい技術のメリットをLCAで評価~

2022-06-23 国際農研 ポイント メコンデルタにおいて、間断かんがい(AWD)の通年実施のメリットを評価 AWD実施農家は、通年で6%の増益、かつ38%の温室効果ガス(GHG)排出量の削減が可能 農家の増...
1206農村環境

新たな牛のメタン排出量算出式を開発しマニュアル化~牛のゲップ由来メタン削減技術開発の加速化に期待~

2022-06-09 農研機構,広島大学,家畜改良センター,群馬県,兵庫県 ポイント 農研機構は牛のルーメン発酵由来メタン排出量を、搾乳ロボット等で測定した呼気中のメタン/二酸化炭素濃度比から求める、従来算出式より使いやすい算出式を開発...
1206農村環境

数十年にわたるトウモロコシの栽培の後、土壌を改善するための被覆作物は十分ではありません。(Cover crops not enough to improve soil after decades of continuous corn)

2022-06-06 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 New estimation strategy improves soil carbon sampling in agricultural fields 窒素肥料を大量...
1206農村環境

農業用温室効果ガスの排出削減に役立つ新しい研究成果(New study could help reduce agricultural greenhouse gas emissions)

知識誘導型機械学習を用いて農業用亜酸化窒素の予測精度を向上させる Researchers use knowledge-guided machine learning to boost accuracy of agricultural ni...
1206農村環境

世界農業遺産の新潟県佐渡市における棚田の減農薬などの推進に向けた実証を開始

ドローン空撮、水田除草ロボット、高度水管理システムの活用で経営効果向上をめざす 2022-04-20 株式会社 NTTドコモ 株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、世界農業遺産に認定されている新潟県佐渡市において、棚田の水稲で...
1206農村環境

気候変動が大豆に求める完璧に近い雑草コントロール(Climate change demands near perfect weed control in soybean)

2022-04-11 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 気候の変化の中で作物を育てるのは大変なことだが、雑草が絡むと、大豆の収量は大きな打撃を受ける。これはイリノイ大学と米国農務省農業研究局の新しい研究によるもので、農家は収量の損失を...
1206農村環境

輸出相手国が侵入を警戒する主要検疫対象病害虫発生調査手法マニュアル

2022-04-07 農研機構 カテゴリ:成果マニュアル タイトル:輸出相手国が侵入を警戒する主要検疫対象病害虫発生調査手法マニュアル 発行年月日:2022年3月31日 概要: 輸出拡大を図るための植物検疫協議では、相手国...
1206農村環境

世界的な研究により、「フラッシュ干ばつ」の発生が加速していることが判明(’Flash Droughts’ Coming on Faster, Global Study Shows)

2022-04-01 テキサス大学オースチン校(UT Austin) ・テキサス大学オースティン校、香港理工大学、テキサス工科大学の研究者によると、過去20年間、フラッシュ干ばつが発生する回数は横ばいであるものの、より多くのフラッシュ干ば...
1206農村環境

手を汚さずに土壌中の炭素を探索(Berkeley Lab Team Hunts for Carbon in Soil Without Getting Their Hands Dirty)

科学者たちが、私たちの足元の地中にある炭素の国勢調査を行う新しい方法を開発 - 気候変動管理の重要なツールに Scientists develop a new way to take a census of carbon in the g...
1206農村環境

ジャガイモ黒あし病の発生を防ぐための工程管理マニュアル

2022-03-31 農研機構 カテゴリ: 成果マニュアル タイトル: ジャガイモ黒あし病の発生を防ぐための工程管理マニュアル 発行年月日: 2022年3月23日 概要:近年、北海道の種ばれいしょ生産ほ場で、いもの腐敗、株の...
ad
タイトルとURLをコピーしました