トンガ諸島付近における大噴火に伴う 防災科研の海域観測網(S-net, DONET)で観測された水圧変動

ad
ad

2022-01-16 防災科学技術研究所

2022年1月15日13時(日本時間)ごろ、トンガ諸島付近のフンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山で大規模噴火が発生し (気象庁)、 同日20時過ぎから、S-netとDONETの全観測点で潮位変化が観測された(下図)。 沖合のS-netとDONETの観測点では最大10数㎝程度(片振幅)で、初動部分よりも後続部分で大きい。 すべての観測点で、初動は潮位の上昇を記録した。 なお、水圧変動は継続中である(1月16日14時現在)。

沖合の海底水圧計データを取り扱う上での留意事項についてはこちら(気象庁)をご参照ください。

S-netで観測されたトンガ諸島付近の大噴火に伴う津波データ

S-net全観測点の水圧計波形。各図は、当該日24時間に、120秒から1800秒のバンドパスフィルターを適用した水圧波形を、北から示したものである。図は随時更新予定。


【2022年1月15日】20時ごろに南側観測点で津波が到達し、徐々に北側に伝播する様子が確認できる。

【2022年1月16日】

【2022年1月17日】

タイトルとURLをコピーしました