フォトニックバンドダイアグラム顕微鏡を実用化

ad
ad
ad

さまざまなフォトニック構造のバンドダイアグラムを高速に測定可能

2021-05-28 東京工業大学,株式会社東京インスツルメンツ,科学技術振興機構

ポイント
  • フォトニックバンドダイアグラム顕微鏡の開発・実用化に成功。
  • 局所領域におけるフォトニック構造のバンドダイアグラムの高速計測が可能。
  • 各種フォトニック構造を利用した光デバイスの研究開発が容易に。

東京工業大学 科学技術創成研究院の雨宮 智宏 助教らは、株式会社東京インスツルメンツ、物質・材料研究機構と共同で、フォトニックバンドダイアグラム顕微鏡を開発した。本装置により、さまざまなフォトニック構造のバンドダイアグラムを高速に自動計測することが可能となった。

開発した装置は赤外ハイパースペクトルイメージングにより、波長ごとのフーリエ画像を得た後、それらの画像をもとにフォトニックバンドダイアグラムを再構成する。本装置により、フォトニック結晶、トポロジカルフォトニック結晶、メタマテリアルを始めとしたさまざまな構造において、バンドダイアグラム全域を高速に測定することが可能となる。

これにより、各種フォトニック構造における物性評価が容易となり、光デバイスの研究開発など関連分野の一層の推進が期待される。

本装置は東京工業大学と東京インスツルメンツの特許(特願2019-217786)をもとに共同開発されたものであり、6月上旬より「FA-CEED®」の製品名にて東京インスツルメンツから販売される。

本研究成果は、以下の事業によって得られた。

・科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST)
研究領域「トポロジカル材料科学に基づく革新的機能を有する材料・デバイスの創出」
(研究総括:上田 正仁 東京大学 教授)
研究課題「人工グラフェンに基づくトポロジカル状態創成と新規特性開発」
(研究代表者:胡 暁 物質・材料研究機構 MANA主任研究者)
・科学研究費助成事業 基盤研究B
「近赤外/可視域における広帯域な迂回型光学迷彩の実現」
(研究代表者:雨宮 智宏 東京工業大学 助教)
・総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) ICT研究者育成型研究開発
「Si系光渦合分波器を用いた光通信帯における光渦多重伝送技術の構築」
(研究代表者:雨宮 智宏 東京工業大学 助教)

詳しい資料は≫

<お問い合わせ先>

<研究に関すること>
雨宮 智宏(アメミヤ トモヒロ)
東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 助教

<JST事業に関すること>
嶋林 ゆう子(シマバヤシ ユウコ)
科学技術振興機構 戦略研究推進部 グリーンイノベーショングループ

<報道担当>
東京工業大学 総務部 広報課

株式会社東京インスツルメンツ 広報室
竹田 友紀(タケダ ユキ)

科学技術振興機構 広報課

タイトルとURLをコピーしました