英国が国連気候行動サミットに先立ち新しい野心的な気候目標を設定

ad
ad
ad

UK sets ambitious new climate target ahead of UN Summit

「政策の科学」関連 海外情報(GOV.UK 記事) 元記事公開日: 2020/12/3

首相は英国の温室効果ガス排出量を1990年のレベルと比較して2030年までに少なくとも68%削減するという新しい野心的な目標を発表した。この目標は、EU離脱後、英国が最初に設定したもので、2050年までに排出量ネットゼロ達成への道筋を示し、気候変動対策における英国のリーダーシップを示している。目標達成を支えるグリーン産業革命のための10ポイント計画では、野心的な政策と投資を定めている。2030年までに400億ポンドの民間投資を行うことで、革新的技術を開発してエネルギー、輸送、建築部門全体の排出量を大幅に削減し、最大25万人の英国の雇用を創出する可能性がある。また今後数十年の英国の取り組みのロードマップを提供しており、世界中の企業、組織、国家に対して同様の野心的計画を勧めている。
https://www.gov.uk/government/news/uk-sets-ambitious-new-climate-target-ahead-of-un-summit

タイトルとURLをコピーしました