花王株式会社と「使用済み紙おむつの炭素化リサイクルシステム」の実証実験を愛媛県西条市で開始しました。

ad
ad

2021-01-14 京都大学

このたび、本学は花王株式会社と、包括的共同研究「環境共生循環型地域社会づくりに関するテーマの探索とイノベーションの創出」のテーマのひとつである「使用済み紙おむつの炭素化リサイクルシステム」の確立に向け、花王サニタリープロダクツ愛媛株式会社のある愛媛県西条市の協力のもと、実証実験を開始しました。

今回の実証実験を通して、使用済み紙おむつを炭素素材へ変換し、CO2排出量削減による環境負荷低減を目指します。今後、紙おむつを炭素化した素材の産業利用を進めるとともに、空気・水環境の浄化、植物の育成促進への活用など地球環境改善につながる研究技術開発をさらに推進していきます。 なお、本リサイクルシステムの開発は、オープンイノベーション機構と花王株式会社が協力して実施するもので、2025年以降の社会実装を予定しています。

文章を入れてください
図:「使用済み紙おむつ炭素化リサイクルシステム」とその他のリサイクル

コメント

タイトルとURLをコピーしました