国内初、小規模酪農家向けの乾式メタン発酵プラント(バイオガスプラント)を開発

ad
ad

2020-11-25 新エネルギー・産業技術総合開発機構,株式会社北土開発,エア・ウォーター北海道株式会社,帯広畜産大学

NEDOの「ベンチャー企業等による新エネルギー技術革新支援事業(現:新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業)」において、(株)北土開発、エア・ウォーター北海道(株)、帯広畜産大学は、北海道上川郡清水町での実証研究(2018年~2020年実施)で得た成果を基に、国内で初めて、小規模酪農家向けの乾式メタン発酵プラント(バイオガスプラント)を開発しました。このバイオガスプラントは、原料に半固形状の乳牛ふん尿を用い、メタンを約60%含むバイオガスを安定・効率的に発生させることができます。さらに、得られたバイオガスの一部を精製し、約98%以上のメタンを含む高純度メタンガスも製造できます。このバイオガスをガス発電機に、高純度メタンガスを燃料電池に供給すれば、酪農家が牛舎や住宅に使う電気・熱エネルギーの一部をバイオガスエネルギーで自給する仕組みを構築することも可能になります。

今後は、コスト面から従来の湿式・乾式メタン発酵プラントを導入できずにいた小規模酪農家を中心に提案し、小規模酪農家が多く営農する中山間地域に、系統電力に頼らない自給自足型のエネルギー分散型基地として普及させることを目指します。これにより酪農家の営農コストを低減するだけでなく、エネルギーを地産地消する仕組みの構築につなげます。

タイトルとURLをコピーしました