2020-11-27

1701物理及び化学

分子内を歩き回る水素の姿を捉えた!~化学反応の新しいルート「ローミング過程」の可視化に成功~

2020-11-27 量子科学技術研究開発機構 発表のポイント 分子内を歩き回る水素原子の時間分解計測により、分子内で起こる化学反応の新しいルートである「ローミング過程」の可視化に世界で初めて成功 従来の予測より5桁も速く...
0502有機化学製品

CO2とケイ素化合物からポリカーボネートやポリウレタンの原料を合成

水が副生しない新しい反応で高効率な合成を実現 2020-11-27 産業技術総合研究所 ポイント CO2とケイ素化合物からポリカーボネートやポリウレタンの原料を合成する触媒技術を開発 水を副生しない反応プロセスで触媒が長...
0303宇宙環境利用

米国:NASAと欧米のパートナーが世界の海洋を監視する衛星を打ち上げ

NASA, US and European Partners Launch Mission to Monitor Global Ocean 「政策の科学」関連 海外情報 (NASA記事) 元記事公開日:2020/11/22 ...
0401発送配変電

欧州気候中立の達成に向けて、洋上再生可能エネルギーを増強

Boosting Offshore Renewable Energy for a Climate Neutral Europe 「政策の科学」関連 海外情報 (欧州委員会記事) 元記事公開日:2020/11/19 2050年...
0402電気応用

ドイツ:バッテリーに関する「欧州ネットワーク会議」の開催

Europe makes progress on battery cell production 「政策の科学」関連 海外情報 (BMWi 記事) 元記事公開日: 2020/11/24 11月24日から27日まで、ドイツ連邦...
1600情報工学一般

英国のサイバー能力を変革し、英国を守る「国家サイバー部隊」(NCF)の設立

National Cyber Force Transforms country's cyber capabilities to protect UK 「政策の科学」関連 海外情報 (DSTL記事) 元記事公開日: 2020/11/19 ...
2003核燃料サイクルの技術

有機溶媒火災時の HEPA フィルタの目詰まりメカニズムを解明

再処理施設の重大事故評価手法を整備 『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.37 図2-14 (a)有機溶媒火災と(b)試験概略図 再処理施設で有機溶媒火災が生じた際の状況を模擬した試験を行いました。燃焼で生じた煤煙や油...
1702地球物理及び地球化学

巨大地震後の余震に備える~大規模余震を考慮したリスク評価手法の提案~

『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.36 図2-11 東北地方太平洋沖地震の余震記録の例 東北地方太平洋沖地震の本震後には、M7 以上の大規模余震が複数発生し、余震被害が多数報告されました。このような大規模余震の影響を...
0703金属材料

亀裂先端における応力が酸化に及ぼす影響を調べる

ステンレス鋼の環境助長割れメカニズムの解明に向けて 『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.35 図2-9 試験時の亀裂先端の応力、ひずみ状態の有限要素解析結果 応力拡大係数 30 MPa(m)1/2 相当の荷重付与条件...
2001原子炉システムの設計及び建設

反応度事故時の安全評価の信頼性向上を目指して~二軸応力下における燃料被覆管の機械特性評価~

『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.34 図2-6 反応度事故(RIA)時に被覆管に発生する応力の状態 RIA 時に発生するペレット被覆管機械的相互作用(PCMI)によって被覆管には軸及び周方向の二軸応力が発生します。...
ad
タイトルとURLをコピーしました