気候変動が大豆に求める完璧に近い雑草コントロール(Climate change demands near perfect weed control in soybean)

ad
ad

2022-04-11 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校

気候の変化の中で作物を育てるのは大変なことだが、雑草が絡むと、大豆の収量は大きな打撃を受ける。これはイリノイ大学と米国農務省農業研究局の新しい研究によるもので、農家は収量の損失を避けるためにこれまで以上に雑草を制御する必要があることを意味します。
研究者らは、イリノイ州の数百の気象環境にまたがる 26 年間の除草剤評価データから、ダイズの収量減少につながる要因を分析した。シーズン後半の雑草防除が不十分な場合(76%未満)には、41%もの収量減につながった。また、干ばつや暑さが続くと、高レベルの雑草防除(最大93%)でも大幅な収量減を防ぐことはできませんでした。

<関連情報>

雑草コントロールの悪化と変わりやすい天候は、将来的に大豆の収量損失を大きくすることが予想される
Deteriorating weed control and variable weather portends greater soybean yield losses in the future

Christopher A.Landau,Aaron G.Hager,Martin M.WilliamsII
Science of the Total Environment Published:15 July 2022
https://doi.org/10.1016/j.scitotenv.2022.154764

タイトルとURLをコピーしました