2020-11-26

1702地球物理及び地球化学

西之島の火山活動について(11 月24 日観測)

2020-11-25 海上保安庁 1.火山活動の状況 11 月 24 日午後、第三管区海上保安本部羽田航空基地所属航空機により、西之島の火山活動の観測を実施しました。詳細は以下のとおりです。 【観測結果】 ・火山灰や噴石を含む噴...
1202農芸化学

日本コムギ農林61号など世界15品種の高精度ゲノム解読に成功

ゲノム情報を利用した迅速な分子育種技術の開発に期待 2020-11-26 横浜市立大学,チューリッヒ大学,農業・食品産業技術総合研究機構,京都大学,株式会社ヒューマノーム研究所,産業技術総合研究所,科学技術振興機構 ポイント ...
0402電気応用

光干渉効果を利用し、低コストで有機薄膜太陽電池を 飛躍的に高効率化することに成功

2020-11-25 広島大学,山形大学,京都大学,千葉大学,科学技術振興機構 ポイント 長波長吸収材料を少量添加するだけで、塗布型有機薄膜太陽電池(OPV)の発電効率が1.5倍向上。 結晶性の高い半導体ポリマーを...
0300航空・宇宙一般

すばる望遠鏡、一足先に「はやぶさ2」を出迎える

2020-11-26 国立天文台 すばる望遠鏡に搭載した超広視野主焦点カメラ「ハイパー・シュプリーム・カム」で捉えた「はやぶさ2」。画面中央付近を移動する光点がはやぶさ2。2020年11月20日午前0時12分から0時29分頃(ハワイ現...
2005放射線防護

放射線量とセシウム濃度の減り方の違いから見えること

1F 事故後 5 年間の空間線量率及び土壌沈着量の経時変化 『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.30 図1-33 定点サーベイによる空間線量率と放射性 セシウム土壌沈着量の経時変化(相対値)(a)自然放射線の寄与を除...
2005放射線防護

福島第一原子力発電所事故直後の線量率を再評価

ヨーロッパと福島県における空間線量率の減少傾向と放射性核種動態の比較 『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.29 図1-31 測定データから得た正規化線量率の減少曲線と、放射性崩壊に基づく正規化線量率の計算結果 測定デ...
2005放射線防護

放射性物質の大気放出と拡散状況を計算で再現する

拡散計算の最適化手法の高度化により事故初期の正確な被ばく評価に貢献 『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.28 図1-29 大気拡散計算の最適化手法の概念図 少しずつ異なる多数ケースの気象場を作成するアンサンブル気象計...
2005放射線防護

福島第一原子力発電所から沿岸へ流出した放射性セシウム量を推定

1F 事故から 9 年間で流出量はおおよそ 10 万分の 1 に減少 『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.27 図1-28 (a)1F 港湾の模式図、(b)月ごとの 137Cs 流出推定量時系列変化及び(c)1F 港湾...
2005放射線防護

3 分子シミュレーションでキノコの放射能濃縮の謎を探る

キノコ色素ノルバジオン A のセシウム結合選択性の評価 『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.26 図1-26 キノコにおける放射性 Cs濃縮の仕組み キノコの傘部分に含まれる茶色い色素ノルバジオン A はCs+ と結...
2005放射線防護

河川中での放射性セシウムの挙動解明のために~顕微鏡で見えた川底の鉱物種と放射性セシウムの関係~

『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.25 図1-23 河床土中の分画ごとの放射性 Cs 割合 細粒砂分画(106 ~ 250 µm:図中 枠)の放射性 Cs の含有割合が他の分画より大きいことが示されました。また、一般...
ad
タイトルとURLをコピーしました