発電所・工場からの熱水排熱を蓄える長期蓄熱セラミックスの開発に成功

ad
ad
ad
ad

熱水からの熱エネルギーを吸収し、圧力を加えて放出

2020-07-02 東京大学

大越 慎一(化学専攻 教授)
中村 嘉孝(パナソニック株式会社 インダストリアルソリューションズ社)
東 正樹(東京工業大学フロンティア材料研究所 教授)
酒井 雄樹(神奈川県立産業技術総合研究所 研究員)

発表のポイント

  • 熱水(100℃以下)の熱エネルギーを長期に蓄えられる蓄熱セラミックスを発見しました。
  • この長期蓄熱セラミックスは、圧力をかけることにより、望みのタイミングで熱エネルギーを取り出すことができます。
  • 火力発電所や原子力発電所、工場などで排出される廃熱エネルギーを蓄えて、有効に再利用できる可能性につながると期待されます。

発表概要

東京大学大学院理学系研究科の大越慎一教授らの共同研究グループは、38ºCから67ºCまでのお湯あるいは熱水の熱エネルギーを永続的に蓄えることができる長期蓄熱セラミックスを発見しました。この新物質はスカンジウム置換型ラムダ五酸化三チタン(λ-ScxTi3−xO5)という物質で、熱水などの100℃以下の熱のエネルギーを蓄えられ、圧力をかけることでその蓄熱エネルギーを取り出すことができます。このような低温排熱対応の長期蓄熱セラミックスは、火力発電所や原子力発電所などで排出される熱水の熱エネルギーを蓄えるのに有効です。また、工場や自動車からの廃熱を再利用するための素材としても期待されます。

タイトルとURLをコピーしました