首都圏の局地的な激しい気象の発生状況をいつでも、誰でもチェックできるシステム「ソラチェク」を公開します!

スポンサー
スポンサー
スポンサー

2020-06-22 国立研究開発法人 防災科学技術研究所

国立研究開発法人防災科学技術研究所(理事長:林春男)は、首都圏の局地的な気象災害の軽減を目指し、激しい気象(ゲリラ豪雨、強風、雷、ひょう)の発生状況をいつでも、誰でもチェックできるシステム「ソラチェク」を公開します。

首都圏のリアルタイム極端気象情報(雨・風・雷・ひょう) 閲覧システム「ソラチェク」6/22公開 〜最新技術と独自観測で気象災害軽減に貢献〜

1.背景
2.「ソラチェク」
ソラチェクのロゴマーク
雨、降雨分布、雨の強さ(mm/時)、格子サイズ250m、更新間隔5分、表示時間、過去2時間。風、風向・風速分布、地上の風向・風速(m/秒)、格子サイズ1km、更新間隔10分、表示時間、過去2時間。雷、雷放電点密度分布、1km四方上空での10分間の放電数の数、格子サイズ250m、更新間隔5分、表示時間、過去2時間。ひょう、降ひょう分布、降雹確度、格子サイズ500m、更新間隔5分、表示時間、過去2時間。降ひょう分布、72時間最大降ひょう確度、格子サイズ500m、更新間隔5分、表示時間、過去2時間。
表1 閲覧できる気象情報
①降雨分布
図1 降雨分布の表示例(年月日・時刻はダミーで実際とは異なります)
②風向・風速分布
図2 風向・風速分布の表示例(年月日・時刻はダミーで実際とは異なります)
③雷放電点密度分布
図3 雷放電密度分布の表示例(年月日・時刻はダミーで実際とは異なります)
④降ひょう分布
図4 降ひょう分布(72時間最大)の表示例(年月日・時刻はダミーで実際とは異なります)
3.おわりに
【参考:機能】
タイトルとURLをコピーしました