世界初の固体酸化物形燃料電池ドローンを開発し、長時間飛行を実証

ad
ad
ad
ad

LPG燃料により、さまざまな地域での物流、インフラ点検、災害対応などに期待

2020-06-15 産業技術総合研究所

ポイント

  • 燃料電池の高出力化、軽量化によって、従来より長時間飛行・作業できるドローンを実現
  • 電力負荷変動が大きいドローンに対応したLPG内部改質固体酸化物形燃料電池技術を開発
  • 水素インフラ整備前の地域でも物流、インフラ点検、災害対応などの分野での活用に期待

概要

株式会社 プロドローン【代表取締役 河野 雅一】(以下「プロドローン」という)、株式会社 アツミテック【代表取締役 鈴木 秀幸】(以下「アツミテック」という)環境技術センター【センター長 内山 直樹】、国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 石村 和彦】(以下「産総研」という)極限機能材料研究部門【研究部門長 松原 一郎】鷲見 裕史 主任研究員は、長時間飛行・作業が可能な固体酸化物形燃料電池(SOFC)ドローンを、世界で初めて実証した。

今回、液化石油ガス(LPG)が利用できるSOFCスタックの高出力化と軽量化(出力あたりの重量を従来より60%低減)によって、上空でも発電できるSOFCシステムを開発した。ドローンや二次電池へSOFCで発電した電力を供給することによって飛行・作業時間を長くできる。また、ドローンの電力負荷変動が大きい場合でも、電極内部でLPGを水素や一酸化炭素に安定的に改質できる内部改質SOFC技術を開発した。汎用的で持ち運びが容易なLPGで駆動することから、水素インフラ整備前の地域でも、物流、インフラ点検、災害対応などの分野で貢献することが期待される。

タイトルとURLをコピーしました