異常体温スクリーニングのためのFeverCheckTMを販売開始

スポンサー
スポンサー

赤外線熱画像カメラによる,オフィス・商業施設等でのウイルス感染リスク軽減

2020-04-17 株式会社IHI

株式会社IHIの子会社である株式会社IHI検査計測(本社:神奈川県横浜市,代表取締役社長:柏﨑昭宏,以下「IIC」)は,AIによる顔認識機能により,対象者の体表面温度のみを瞬時に非接触で測定し,異常体温者を自動的に通知するシステム『FeverCheck』の販売を,4月20日に開始します。

FeverCheck

FeverCheck

FeverCheck
活用イメージ

新型コロナウイルス等の感染流行下において,対象者に負荷をかけずに異常体温をスクリーニングするシステムは,接触による感染リスクを大幅に低減でき,社会活動の継続と流行の抑制に寄与するものと期待されます。

このたび販売を開始する『FeverCheck』は,歩行者を止めることなく,AIにより人間の顔を正確に特定することで,複数人の体表面温度を非接触で同時に測定でき,異常体表面温度者が通過した場合には,オペレータにリアルタイムで通知するスクリーニングシステムです。オフィス,工場,学校,ホテル,商業施設,空港,駅,イベント会場など,多数の利用者が入場する場所でのスクリーニングを効率的に実施できます。

IICは,IHIグループの研究開発・製造・建設・品質管理など多岐にわたる分野での検査・計測技術を担当するとともに,これまでに,税関・空港でのX線検査装置などのセキュリティ機器を多数納入しています。IICが有する体表温測定技術を応用した『FeverCheck』の提供により,IHIグループは,新型コロナウイルスの感染流行の抑制と日本の社会活動の継続に貢献して参ります。

【主な特徴】

  • FeverCheckは,赤外線&光学の双眼カメラ,AIによる顔認識や異常体温の判定・警報・データ保存の機能をもつデイスプレイ一体型PC,計測精度を向上させるキャリブレータ等で構成されます。
  • カメラに映った複数人の体表面温度情報を,非接触で同時に測定します。AIにより人間の顔を正確に特定し,対象者の体表面温度のみを計測できます。
  • 測定結果はPC上に,顔画像とともに測定温度がリアルタイムで表示され,異常体表面温度者が通過すれば,自動的に音で通知します。
  • 測定結果はPCに保存され,異常体表面温度者の事後追跡が可能です。
  • 設営は,所要時間20分程度で簡単です。構成機器は,すべて1つのキャリーバッグに収納されており,移設も容易です。

【主な仕様】

  • 測定範囲:30~45℃
  • 測定精度:±0.3℃
  • 測定距離:2~3m
  • 電  源:AC100~240V

【注意点】

  • 屋内で使用してください。屋外での使用には適しません。
  • 当機器は,薬機法で定める体温計ではありません。あくまでスクリーニングが目的であり,体表温を測定するものです。
  • FeverCheckは,商標登録中です。

【FeverCheckの活用イメージ】

FeverCheckの活用イメージ

FeverCheckの活用イメージ

【株式会社IHI検査計測(IIC)】
本社所在地:神奈川県横浜市金沢区福浦2-6-17
事業内容:検査・測定用機器ならびに材料の設計,製作,据付,販売,および輸送用機器,
一般産業用機器の検査,改造,修理,据付,保守,保全など
製品ホームページ:https://www.iic-hq.co.jp/services/18/FeverCheck.html

お客さまお問い合わせ先:
株式会社IHI検査計測 営業統括部

タイトルとURLをコピーしました