2020-04-17

0501セラミックス及び無機化学製品

裁断やハンドリングが可能な高熱伝導カーボンナノチューブ接着シートを開発

垂直方向に並んだカーボンナノチューブを本来の特徴である高い熱伝導性と柔軟性を損なうことなく、配列を保持したままラミネート加工する技術および十分な接着性を保持したまま接合する技術を開発した。
0110情報・精密機器

異常体温スクリーニングのためのFeverCheckTMを販売開始

AIによる顔認識機能により,対象者の体表面温度のみを瞬時に非接触で測定し,異常体温者を自動的に通知するシステム『FeverCheck』の販売を開始する。
1202農芸化学

カンキツウイルスを高感度で検出するウイルス診断キットの試作に成功

カンキツ類の品質低下や収穫量減少につながるウイルス病の原因の一つであるカンキツモザイクウイルス(CiMV)等を高感度で検出するウイルス診断キットの試作に成功した。
1604情報ネットワーク

COVID-19治療薬設計に役立つウイルスタンパク質と治療薬候補化合物の相互作用データを公開

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)タンパク質と治療薬候補化合物の分子間相互作用を「フラグメント分子軌道法(FMO法)」で計算し、データを、世界中の創薬研究者が自由に利用できる「FMOデータベース(FMODB)」にて公開した。
0501セラミックス及び無機化学製品

熱利用水素製造の主反応の大幅な省エネルギー化に成功

熱化学水素製造ISプロセの主反応であるブンゼン反応の過電圧(反応時の消費エネルギーに相当)を従来法から7割近くも低減することに成功した。
1701物理及び化学

ニュートリノの「CP位相角」を大きく制限することに成功

ニュートリノが空間を伝わるうちに別の種類のニュートリノに変化するニュートリノ振動という現象において「粒子と反粒子の振る舞いの違い」の大きさを決める量に、世界で初めて制限を与えることに成功した。
1600情報工学一般

脳機能的結合から統合失調症・自閉症の判別法を開発し、両者の関係も明らかに

脳MRIによる脳機能的結合と人工知能技術から疾患を特徴づける症状や行動など重複の多い統合失調症と自閉症の判別法を開発した。統合失調症には自閉症の傾向があるのに対して、自閉症には統合失調症の傾向がないことが明らかになった。
2003核燃料サイクルの技術

核融合炉のダイエットに成功~トポロジー最適化でコイル支持構造物をスリムに~

ヘリカル型核融合炉のコイル支持構造物について、トポロジー最適化により、強度に影響を与えない部分を取り去る方法を用い、総重量を約25%低減することに成功した。
2003核燃料サイクルの技術

経済的核融合炉を実現するプラズマの高精度予測が可能に~高圧力プラズマの保持をシミュレーション再現

従来の計算で考慮されていなかった、多数のイオンの運動の違いを取り入れるという精密な計算を「プラズマシミュレータ」(スーパーコンピュータ)を駆使して実行し、LHDの高圧力プラズマの保持を再現することに初めて成功した。
2003核燃料サイクルの技術

電子温度1億5,000万度イオン温度8,000万度のプラズマを実現

大型ヘリカル装置(LHD)の重水素プラズマ実験で、電子温度1億5,000万度の高性能プラズマを生成することに成功した。
2100総合技術監理一般

東北地方の震災伝承施設をウェブ地図で学ぼう~震災伝承施設を地理院地図に追加~

東日本大震災の事実や記憶、経験や教訓を伝える「震災伝承施設」について、国土地理院が提供するウェブ地図「地理院地図」上での掲載を開始した。
ad
タイトルとURLをコピーしました