2019-09-24

0502有機化学製品

DNAオリガミによる人工細胞微小カプセルの開発に成功

DNAオリガミで作製したDNAナノプレートによって細胞膜を模倣した、人工細胞(微小カプセル)の開発に世界で初めて成功した。分子コンピュータや分子センサーを搭載した分子ロボットや、薬剤送達等への応用が期待される。
1702地球物理及び地球化学

平成30年7月豪雨時の積乱雲群の発生機構を解明~上空の高湿度の条件で積乱雲が広域で持続的に発達

2018年7月に発生した豪雨における広域の気象データを分析して、豪雨をもたらした積乱雲群の発達条件を調べ、地面付近から高い高度まで大気の湿度が極めて高く、積乱雲群が持続的に発達したことが原因であることを明らかにした。
0110情報・精密機器

世界初・ナノサイズのpHセンサーを実現~生命の謎にダイヤモンドで迫る~

生命現象や細胞内環境を精密計測するための超高感度センサーとして注目される「ナノ量子センサー」を発展させ、生きた細胞内部のpHのピンポイント計測が顕微鏡下で行えるナノサイズのリアルタイムpHセンサーを初めて実現した。
2004放射線利用

悪性黒色腫に対する標的アイソトープ治療薬候補を開発

がん細胞の表面に存在する代謝型グルタミン酸1型受容体(mGluR1)に結合し、悪性黒色腫に対するα線を放出する新しい標的アイソトープ治療薬候補211At-AITMの開発に成功し、モデルマウスによりそのがん増殖抑制効果を明らかにした。
0403電子応用

センサーを駆動できる微生物燃料電池システムの開発

水田や池に設置できる安価で実用的な微生物燃料電池、およびその電力を効率的に回収するエナジーハーベスタを開発した。
0502有機化学製品

植物生息微生物由来の水溶性で強力な紫外線A波吸収剤~メチロバミン~

イネやコムギなどの植物体に生息するメチロバクテリウムという微生物が保有する、紫外線A波(UVA)を吸収する新規の天然化合物で「メチロバミン」と命名。UVAを強力に吸収する性質があり、天然由来の日焼け止めの原料などに期待される。
1703地質

陸化した深海底堆積物の詳細な分布を示した地質図が完成~房総半島東部5万分の1地質図幅[上総大原]

約220万~80万年前の深海底堆積物が陸化して露出。深海底堆積物が陸上に露出した地層としては世界でもっとも新しい部類に入る。大規模な海底地すべりの痕跡が上総大原地域の北東-南西15 km以上にわたって連続していることがわかった。
0502有機化学製品

細胞を殺さない基礎的なカスパーゼ活性による器官サイズの制御機構の解明

ショウジョウバエをモデル生物として用いた遺伝学的解析により、カスパーゼが非細胞死性に器官の成長を促進し、左右相称性によって評価される器官サイズの安定性に寄与することを明らかにした。
0403電子応用

マイクロ波を電力に変換する高感度ダイオードを開発~電源いらずのセンサーネットワーク実現へ~

微弱なマイクロ波を電力に変換できる高感度のナノワイヤバックワードダイオード整流素子を開発した。携帯電話基地局などから放射されている環境電波から電力を生み出す環境電波発電に役立つ技術として期待される。
ad
タイトルとURLをコピーしました