北海道神恵内村で、IoTを活用したウニ・ナマコ陸上養殖の実証実験を開始

スポンサーリンク

2019-04-16 株式会社沿海調査エンジニアリング,富士通株式会社,北海道古宇郡神恵内村

生物調査などの事業を手掛ける株式会社沿海調査エンジニアリング(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:大塚英治、以下 沿海調査エンジニアリング)、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)は、IoTを活用したウニ・ナマコの陸上養殖(注1)の実証実験を北海道古宇郡神恵内村(村長:高橋昌幸、以下 神恵内村)において、4月より本格的に開始しました。

本実証実験では、ウニやナマコの種類や養殖開始日、個体数、給餌、出荷の情報を、富士通が構築した養殖管理システムに、飼育者がデータ入力するとともに、水槽内に設置されたセンサーとカメラで、水温や濁度(注2)、塩分濃度などのデータおよび映像を収集、可視化します。飼育者が遠隔でPCやスマートフォンなどのモバイル端末を用いてリアルタイムに収集した水槽内の環境を確認することによる、ウニやナマコの陸上養殖事業における有効性を検証します。

本実証成果を踏まえ、今後、神恵内村は、重要な産業振興資源であるウニ・ナマコの養殖事業拡大を目指し、IoTを活用した陸上養殖の推進を検討していきます。また、沿海調査エンジニアリングと富士通は、ウニ・ナマコのIoTを活用した効率的な陸上養殖手法を検証し、神恵内村の養殖事業振興を支援していきます。

背景

実証実験のフィールドである北海道積丹半島西側に位置する神恵内村では、インバウンドや中国への海外輸出などを背景に、主要特産物のウニ・ナマコの需要が高まっており、年間を通じて安定的な供給を実現するため、天然資源の漁獲に加え、養殖事業も強化しています。しかし近年、漁業や養殖業の担い手不足や高齢化の影響などにより、ウニ・ナマコの総漁獲量低下が課題となっています。

上記の課題を解決するため、沿海調査エンジニアリングと富士通は、ウニ・ナマコの養殖事業においてIoTを活用した効率的かつ高品質な陸上養殖手法を検証する実証実験を神恵内村にて開始しました。

写真1.陸上養殖の様子
写真1.陸上養殖の様子

図1.Fishtech養殖管理 システム構成図
図1.Fishtech養殖管理 システム構成図 

実証実験の概要

  1. 期間:

    2019年4月から2020年3月まで

  2. 場所:

    北海道神恵内村内の地域栽培養殖推進施設。水量2トンの試験水槽を利用。

  3. 役割分担:
    • 沿海調査エンジニアリング:養殖作業、養殖管理システムへのデータ入力、各種センサーの提供、運用
    • 富士通:養殖管理システムの構築、運用
    • 神恵内村:養殖事業主体者
  4. 実証実験の目的:
    • IoTを活用した高品質なウニ・ナマコの効率的な陸上養殖手法の開発
    • ウニ・ナマコの陸上養殖におけるIoTを活用した環境制御ノウハウの蓄積
  5. 実証実験の概要:
    • 養殖するウニ・ナマコの種類や養殖水槽に入れた日付、個体数などのデータを、飼育者がPCやスマートフォンなどのモバイル端末から養殖管理システム上に登録。養殖水槽に入れた日付ごとにロット管理を行い、給餌や出荷などの作業情報を入力することでデータを蓄積、可視化。トレーサビリティ情報としても活用。
    • 各種センサーやカメラと養殖管理システムを連携させることで、海水の温度や濁度、塩分濃度などの値や養殖場のウニ・ナマコの映像を飼育者がPCやスマートフォンなどのモバイル端末からリアルタイムに確認。
    • センサーの収集値が設定した閾値を超えた際に、飼育者へメールおよび養殖管理システムの画面でアラート通知。

写真2.水槽内の映像のモニタリング画面
写真2.水槽内の映像のモニタリング画面

写真3.養殖管理システムでのデータ参照画面
写真3.養殖管理システムでのデータ参照画面

今後について

沿海調査エンジニアリングと富士通は、本実証実験で得られた成果を通じて、ウニ・ナマコの陸上養殖事業を支援し、神恵内村の産業振興を支援します。また、今後、より効率的な養殖事業の確立に向けて、収集したデータ分析へのAI活用などの機能強化も検討していきます。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

注釈

注1 陸上養殖:
水槽などを用いて、陸上に人工的に創設した環境下で実施する養殖
注2 濁度:
水の濁りを示す値

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

株式会社沿海調査エンジニアリング
富士通コンタクトライン

スポンサーリンク
スポンサーリンク